足が臭い原因はストレスのせい?重曹やミョウバンでしっかり対策しよう!

清潔にしているはずなのに足が臭い。靴を脱ぐと足が臭いのが気になってしまう。という悩みを抱えている方は男性、女性に関係なく多いようです。

臭い足のニオイなんてあまり嗅ぎたくないものではありますが、ニオイの種類によって原因が違うのをご存知でしょうか?

臭い原因は汗による雑菌の繁殖ですが、ストレスや疲労が原因になることもあります。

重曹やミョウバンが効果的とされていますが、ストレスや疲労が原因の場合は、それにあわせた対策を選ばないと消臭効果がほとんど無いことがあります。

ここでは、足が臭いときの対策に効果的な重曹とミョウバンの使い方、ニオイを改善するために気をつけたいポイントをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

重曹とミョウバンを使い分け!臭い原因に合わせて選ぼう

臭い足の原因は大きく二種類に分かれていて、一つは納豆のようなニオイがするイソ吉草酸(イソきっそうさん)が原因です。

皮膚や靴などに残る細菌が、皮脂や古い角質を餌に汗の水分で蒸れて繁殖するときにイソ吉草酸が発生することがニオイの原因です。

イソ吉草酸は弱酸性のため、アルカリ性の重曹は成分を中和して消臭する効果があり、重曹を溶かしたお湯での足湯がオススメです。

重曹を布に包みニオイが取れない靴に入れて置けば、成分を中和し、湿気を吸着して雑菌の繁殖を防ぐ対策になります。

二つ目にアンモニア臭がする場合は、身体の疲労が原因です。

本来、足の裏の汗にはほとんどニオイがありませんが、汗から鼻をつくアンモニア臭がする場合、疲労やストレスなどで肝機能が低下しアンモニア成分が汗と一緒に排出されていることが原因です。

ニオイの応急処置として、アルカリ性のアンモニアに対して弱酸性のミョウバンで成分を中和することができるので、ミョウバン水をスプレーで直接吹きかけると効果があるでしょう。

ミョウバンは制汗作用や殺菌効果もあるので、イソ吉草酸のニオイ予防としても効果を期待できます。

【スポンサードリンク】

消えない足の臭さはストレスや生活習慣の見直しで対策を!

重曹とミョウバンでニオイの原因を中和できることが分かりましたが、それでも足が臭いまま症状を繰り返してしまうのであれば、汗や体質の改善も必要です。

足裏の角質や雑菌が残りやすい爪のお手入れ、足のマッサージで代謝を上げて肌の免疫力を保つなど、ニオイの素の雑菌の繁殖を抑える対策になります。

また、通気性の悪い靴や靴下を避けて、自分の体調や足の形に合う靴選びを心がけることが汗蒸れの予防になります。

足の裏は身体の中でも汗をかきやすい部分ですが、精神的ストレスや睡眠不足、疲労などによる自律神経の乱れが原因で大量に汗をかく場合があります。

特にアンモニア臭がする場合は、身体の内側からの疲労のサインです。生活習慣の見直しや、心身ともに十分な休息を取ることも心がけましょう。

汗を抑える工夫と、十分な休息、ミョウバンと重曹を使い分けて、賢く臭い足を改善してください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ