口の乾燥の原因!鼻詰まり、ストレスや病気など原因を紹介!

口の乾燥は口腔乾燥症やドライマウスとも呼ばれる症状です。

不快感や口臭の悩みだけでなく長期化することで虫歯が増えたり、味覚障害などの恐ろしい症状があらわれることもあります。

また原因については、鼻詰まりや生活習慣、加齢、ストレスが主な原因として上げられます。

ただし病気が原因として隠れていることも考えられるので注意が必要です。

口の乾燥を招きやすい病気や、ストレスで口の乾燥が起こる仕組み、生活習慣や鼻詰まりなどの原因を知って早めの改善を心がけましょう。

ここでは鼻詰まりやストレス、病気などでおこる口の乾燥を解消するためのポイントをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

生活を見直して口の乾燥を改善しよう!

口呼吸や鼻詰まりの改善

口の乾燥の一番の原因は、唾液の蒸発量が増えることによるものです。

鼻詰まりや口呼吸の週間がある人は意識的に鼻呼吸に変えるだけで、口の乾燥の改善が可能です。

また偏食や柔らかい物ばかり食べていたり、食事の回数が少ない人は噛む筋力が衰え、唾液の分泌量が少なくなる傾向にあります。

規則的で噛むことを意識した、バランスの良い食事をするようにすることも1つの改善方法です。

ストレスの改善

ストレスを多く感じている人も注意が必要です。

身体が緊張すると唾液の分泌が減るため口や喉が渇きやすくなります。

ストレスを受けすぎて交感神経の働きに抑制が効かなくなると、緊張状態とリラックスした状態の切り替えが出来なくなり、日頃から口が乾くようになってしまいます。

そうなると飲み物や習慣に気をつけるだけでは口の乾燥が解消できなくなります。

日ごろから口の乾燥と合わせてストレスを感じている人は、こまめな水分補給の他にストレス解消を意識してみましょう!

【スポンサードリンク】

治らない口の乾燥にはこんな病気が?

病気の原因

口の乾燥が治らない場合、病気や服用薬の副作用など、身体の不調が原因で起こっている可能性があります。

口の乾燥が症状にあらわれる病気として代表的なのが、糖尿病や腎不全、自己免疫疾患のシェーグレン症候群などです。

病気の具体的な内容は長くなるので避けますが、口の乾燥と合わせて身体に違和感や初期症状が見られる場合は、早めに病院で診断を受けましょう。

薬の副作用による原因

薬の副作用によって口の乾燥が起こる場合があります。

鎮痛剤や花粉症の薬など、一般的に良く飲まれている薬にも、この副作用は含まれている可能性があるため、薬を普段から飲んでいる人は注意が必要です。

原因がわからない場合や長く常用している薬がある場合、服用を中断するか種類を変えるのもおすすめです。

病院で処方された薬を服用している場合は、一度医師と相談してみましょう。

口の乾燥は生活習慣や加齢でおこりがちですが、病気や不調が原因に潜んでいたり、虫歯や歯周病、味覚障害などの原因となる可能性がありますので、症状を自覚したら、早めの対処を心がけましょう

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ