子供のしつけはいつから始める?年齢や問題の無い方法について紹介!

子供のしつけの方法や、しつけを始めるべき年齢はいつからなのか、悩んだことはありませんか?

子供のしつけの問題については本当にたくさんのお父さんやお母さんが悩んでいることだと思います。

赤ちゃんのうちはこちらの言葉を理解しませんし、そのうちわかるだろうと放っておくと、気が付くとただのわがままな子供になっていては困ります。

子供のしつけはいつから始めるといいのでしょうか?

しつけを開始すべき年齢はいくつなのでしょうか?

また、しつけなのかただの怒りなのかわからない叱り方をしている両親も見かけますが、しつけの問題ない方法というものもあるのでしょうか?

今回は、子供のしつけについて、いつから開始したらいいのかベストな年齢や問題ないしつけの方法などについてご紹介します。

ここで年齢的にいつからがいいのか、また問題のない正しいしつけ方法をどんな方法か?

一緒に学んでいきましょう!

【スポンサードリンク】

子供のしつけは年齢的にはいつからがいい?

子供が言葉を理解するのは個人差がありますが、早ければ1歳半、平均で2歳ごろといわれています。

つまり、それまでは親がいくら怒っても子供にはなぜ怒られているのか理解もできず、ただ恐怖心が植えつけられるだけで、意味がないことになってしまいます。

それでは問題の解決にならず、しつけとは呼べませんよね。

2歳ごろまでは、例えば口に何でも物を入れたり、物をたたきつけたりすることもよくあります。

しかし子供にそれを怒っても悪いと思っていないのですから、怒っても意味がないのです。

それよりも優しく物を扱うように親がしてみせたり、口から物を取り出してあげて、他に目を向けるようにしてあげましょう。

本格的なしつけは、言葉を理解するようになってからがスタートです。

【スポンサードリンク】

問題のないしつけの方法

間違ったしつけをして、問題児に育ってしまったら目も当てられませんよね。

しつけの方法に正しい方法はあるのでしょうか?

しつけや子育ては親が一番悩むことのひとつだと思います。

2歳になりもう言葉も理解できるからといって一方的に怒ったり、怒鳴りつけるのはどうでしょう。

そもそもしつけというのは、間違ったことを正し、常識を教え、社会に適応できるような子供に育てていくことです。

怒るのではなく、諭すように教えることが大切です。

失敗やいたずらをしない子供はいませんし、失敗することによって成長もあるともいわれています。

その失敗やいたずらを正してあげることがしつけなのです。

大切なのは、失敗したその場で、すぐに諭すように話してわからせるようにすることです。

時間が経ってから注意しても子供は何をしたのか忘れてしまっています。

失敗やいたずらをしたそのタイミングで正すようにしましょう。

親も人間ですから、感情もあります。

怒りたくなることもありますね。

感情に任せて怒ると、子供は怒られているという恐怖心だけが印象に残り、何が悪かったのか理解できません。

感情を押し殺し、深呼吸をしてから怒らず諭しましょう。

子育ては親育てといいますが、しつけは親も子供とともに成長できるいい機会なのかもしれませんね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ