子供の視力!低下原因と回復方法について!

子供が遠くのものを見にくそうにしたら、視力が低下したのかも?と心配になります。

学校や眼科の視力検査で視力が低下しているのを見ると、眼鏡を準備しなくてはなりません。

子供の視力はなぜ低下するのでしょうか?

ついつい親はテレビの見すぎやゲームのしすぎが視力低下の原因だと思ってしまいますが、何か原因があるのでしょうか?

できれば少しでも視力が回復して欲しいと思い、回復方法があれば試したいと考えますね。

今回は子供の視力の低下の原因と回復方法についてご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

子供の視力低下の原因は?

視力低下は近視の場合がほとんどだと思われますが、近視には大きく分けて二つの種類があります。

いわゆるよく言われる近視と仮性近視です。

近視は成長に伴い眼球が大きくなり、目のピントが網膜より前で合ってしまい起こるのです。

仮性近視は、まさにゲームやパソコンなどを多用し、近くのものを見続けることで目の筋肉が緊張状態で固まってしまい、遠くを見るとぼやけてしまうことになってしまいます。

仮性近視はすぐに視力が低下することにつながりませんが、対策をとらないと近視になり視力も低下してしまいます。

近視の原因についてですが、考えられる原因は遺伝的な原因と環境的な原因、心因的な原因の三つです。

年齢が低いうちから近視の症状が出ていれば遺伝の可能性が考えられます。

両親ともに近視である場合で子供も幼稚園や小学校1年生ぐらいで近視の場合は、遺伝からくるものだと考えられているようです。

それ以降に近視が出る場合は、環境的な要素が強いようです。

近く携帯やパソコン、ゲームなどに夢中になることも多く、どうしても近くのものを見る機会が多くなるため、仮性近視から近視になっていく可能性が高くなります。

ゲームを長時間続けると、瞬きの回数も減り目に良い影響を与えません。

特に手に持つタイプのゲームは、瞬きの回数も減るうえに目との距離も近いため、仮性近視になりやすくなります。

心因的な原因の場合はストレスが大きく関わっていますので、一時的な場合が多く、ストレスを取り除くことで視力は回復します。

【スポンサードリンク】

視力回復方法とは?

・ゲームやパソコンを使用したら、30分に1度休憩する

・姿勢を正しくする

・勉強や読書、ゲームも明るい場所で行う

シンプルではありますが、まずこれらを積極的に取り入れるようにしましょう。

近視でも仮性近視でも、目の筋肉の緊張をほぐしてあげることが大切です。

集中して勉強やゲームをしたら、休憩をとり目の緊張を解いてあげるようにしましょう。

メガネの判断基準

また眼鏡をかけるか否かは視力0.5がひとつの目安といわれています。

眼鏡をかけると近視が進行すると聞くことも多いと思いますが、実際は関係がなく、眼球の成長に伴い近視が進行するようです。

眼球の成長が止まる高校生から大学生ぐらいになると近視の進行も止まり、比較的視力が安定するようです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ