コーヒーのカフェイン効果時間!眠れない作用はいつまで続く?

コーヒーを飲みすぎていざ寝ようとしたら眠れない、なかなか寝付けない、といった経験がある人もいるかもしれません。

コーヒーやお茶などに含まれるカフェインは、眠気覚ましや集中力を高める効果があることがよく知られていますが、効果の時間や具体的にどんな作用で眠れない状態になるのかご存知でしょうか?

カフェインの作用や、効果時間を知って、コーヒーを飲みすぎていざ眠ろうとしたときに眠れない!なんてことを無くしたいですね。

ここでは、カフェインの作用や効果の時間についてまとめました。

【スポンサードリンク】

カフェインの作用はどんなもの?

カフェインの作用として良く知られているのは、眠気が解消される覚醒効果ですが、そのほかにも様々な効果があります。

鎮痛作用や脳を活性化させて一時的な疲労解消や集中力を高める効果があるためコーヒーやお茶から摂取する以外にも、人工的に抽出した無水カフェインがサプリメントや栄養ドリンクに使用されています。

また、カフェインには様々な作用があり、研究や調査では脳卒中や脳出血のリスク軽減や偏頭痛などの予防などの効果があるとして、健康効果への期待も高まっています。

ただし、コーヒーがもたらす覚醒効果やリラックス効果、脳を活性化させる効果は一時的なもので、とりすぎればもちろん睡眠のリズムを崩したり、副作用や中毒症状があるのも事実です。

副作用の他にも胃の弱い人は胃粘膜へのストレスもあるため、コーヒーなどの飲みすぎや、栄養ドリンクなどでカフェインを過剰摂取することは控えましょう。

【スポンサードリンク】

効果時間は?夜眠れないのを防ぐには!

コーヒーを飲んでからカフェインの覚醒効果が現れるまでは、個人差がありますが、ホットコーヒーなら大よそ20分から30分で、アイスコーヒーはこれより少し時間が掛かると言われています。

眠気覚ましにコーヒーを飲んだとしても、暖かいお茶やコーヒーは身体を温めリラックス効果がありますので、飲んだ直後はカフェインの効果も発揮されずかえって眠くなってしまった・・・なんてこともあるようです。

昼食時にコーヒーを飲む場合は、事前に午後の始業時刻を意識して飲むと、カフェイン効果で午後をスッキリとした気持ちで迎えることができてオススメです。

カフェインの効果が無くなるまでの時間は、体調や体質に左右されやすく実感には差がありますが、血中から完全に代謝、排出されるには4時間から6時間かかるとされ、覚醒効果は意外と長く続いています。

夕方に飲んだコーヒーのせいで、夜になっても眠れないという場合も起こりますので、睡眠の質を良くするためにも夕方以降は、なるべくカフェインを取らないように心がけましょう。

カフェインの作用や効果時間を理解して、その効果を上手に利用してください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ