霧ともやの違い!濃いのはどっち?

2

霧と「もや」の違いをご存知ですか?

意外に霧と「もや」の明確な違いについて知っている人は少ないと思います。

私も明確な違いを知らず、濃いときも薄いときも、霧とずっと読んでいましたが、実は霧ともやには、濃いのはどちらかで明確な区別方法があるようです!

普段は、あまり気にしない霧と「もや」の違いですが、これを期に少しその違いを学んで見ましょう!

はたして霧と「もや」濃いのはどちらなのでしょうか?

またどのぐらい濃いのは霧や「もや」と判断されるのでしょうか?

それでは、霧と「もや」について見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

霧ともやの違い!濃いのはどっち?

霧ともやの違いですが、まず気象庁の規定にからみてみましょう。

気象庁によると「霧」と「もや」の違いは以下のように区別されているそうです!

はたして濃いのはどちらでしょう?

「霧」は微小な浮遊水滴により「視程が1㎞未満」の状態

「もや」は、微小な浮遊水滴や湿った微粒子により「視程が1㎞以上10㎞未満」となっている状態

どうやら、濃いのは「霧」のようです!

たしかに「もや」より霧のほうが濃いイメージが在りますよね。

しかし、視程の距離によって判断されているとは意外でした。

霧ももやも浮遊水滴いわゆる空気中の水蒸気などによる気象状況や状態という点では同じようですが、視界の範囲によって呼び方が違うのですね!

ご存じない方も多かったのではないでしょうか?

というわけで、濃いのは「霧」の方ということでした!

1

霧より更に濃いのは「濃霧」!

天気予報を見ていると「濃霧注意報」という言葉を聞くことがあると思います。

もやと霧の違いについて説明しましたが、実は霧の中でもとても濃いのはまた別の名前で「濃霧」と呼ばれていたりもします。

4

霧の中でも、とても視界が悪い状態。

具体的には視程が陸上で100m以下、海上で500m以下の場合濃霧と判断されるそうです。

濃いのとはまた違う判断基準

実は「もや」と霧には、濃さとはまた違う分け方をされることもあるそうです。

気象庁によると、霧は予報用語、もやは解説用語だとされており、「濃いのはどちらか?」という使い分けではなく、以下のように発表や資料など使う場所で分けたりもするようです。

予報用語とは「気象庁が発表する各種の予報や注意報などを発表する時に使う言葉」解説用語とは「気象庁が発表する報道用発表用資料や予報解説用資料に使われる言葉」

濃さ以外にも分ける基準があるとは、「もや」と霧は意外に使い分けが難しい単語ですね・・・

【スポンサードリンク】

霧にも種類による違いが!

また実は霧の種類は分類することができ、大きくわけると4種類の違いがあるそうです。

せっかくなので見てみましょう!以下の4つがその種類です。

①蒸発霧(川霧ともいわれます。)
②移流霧(海霧ともいわれます。)
③滑昇霧
④放射霧

これらの違いは発生する方法によって区切られているようです。

4種類の霧の違いについて見ていきましょう!

蒸発霧

蒸発霧は、水面から蒸発している水蒸気が冷たい空気に冷やされて発生する霧のことです。

寒い冬や温度が低い時期に発生し、川が冷えた時にもよく起こるとされています。

移流霧

移流霧は、暖かい空気が流れてきて空気中の水蒸気が冷たい水面や地面で冷やされて発生します。

移流霧は蒸発霧とは反対に、初夏の海でよく見られる現象です。

滑昇霧

滑昇霧は、水蒸気を含んだ空気が山肌を上昇する際に上の方で冷えて発生する霧で、山霧ともいわれます。

放射霧

放射霧は、山々に囲まれた盆地でよく発生する霧のことで、晴れて風のない日の夜から朝にかけてよく冷えた日に発生します。

とはいえ、これらの使い分けをすることは、日常生活ではなさそうですね・・・

結論:「もや」より霧の方が濃い!

今回の内容を考えるに、一般的な言い回しでは、「霧」の方がもやよりも濃いということになりますね!

また更に濃い場合は「濃霧」と呼べばより正確でしょう!

ぜひこれを期に「もや」と「霧」とあと「濃霧」についてしっかり使い分けることが出来るようになりましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ