禁酒の効果と期間!どんな日数禁酒すると効果がでるの?

お酒には「百薬の長」といわれるように良い効果もあるのですが、飲み過ぎると毒になってしまいます。

ここを読んでいるあなたは禁酒を考えていますね?!

何を目標に禁酒を考えていますか?

健康目的?ダイエット目的?節約目的?

人により色々な目的があるかと思いますが、禁酒することにより様々な効果やメリットがあります。

ですが、お酒が大好きな方々にとっては禁酒期間はキツイですよね。

禁酒の効果を出すためにはどのくらいの期間や日数が必要かご存知でしょうか?

まずは、禁酒の効果や必要期間を理解し、目標を明確にすることで、禁酒を続け安くなるでしょう。

今回は禁酒の効果・期間・日数についてまとめてみました。

それでは、禁酒の効果や必要期間について学んでいきましょう!

【スポンサードリンク】

禁酒の効果とは?!

禁酒を一定期間行なうことにより、どのような効果があるかご説明いたします。

◯ダイエット効果◯

お酒を飲むとツマミが欲しくなりますよね。

お酒自体のカロリーはもちろんありますが、それ以上にツマミの摂取カロリーはとても大きいものです。

また、夕食のお供にお酒を飲むと一時的に満腹感が得られて夕食の量を減らすことも出来るでしょう。

しかし、その結果夜の寝る前など何かを食べると太りやすい時間帯にお腹がすいてしまうことが増えてしまいます。

禁酒をすることで、食生活を正しくすることが可能です。

◯肝臓への効果◯

肝臓の病気に関する数値をガンマY-gtpといいます。

その数値が高ければ高いほど、肝臓への悪影響や負担が強いのですが、禁酒をすることで徐々に減らすことができます。

◯節約効果◯

お酒は単純に高いですよね。

禁酒することで、毎月かなり節約できるかと思われます。

他には肌か綺麗になる、気持ちが安定する・不眠症の改善、朝スッキリ起きやすくなる等があげられます。

禁酒が初めての方も、そうではない方も禁酒グセをつけておいたほうがやはり、健康面でも節約面でも良いかと思います。

禁酒の期間・日数は?

これらの効果を感じるには、一体どのくらいの期間や日数が必要なのでしょうか。

まず、体重に関しては禁酒以外に食生活も関係があります。

そのため本格的に体重を減らしたいなら、同時に有酸素運動をしたり食生活の見直しが必要でしょう。

ですが、飲酒や夜のツマミが無くなれば、体重が増えるきっかけも減るので「禁酒しても意味が無い」ということはないですよ。

食生活も関わるのでダイエットと禁酒の日数や期間は一概には言えませんが、禁酒期間中は痩せるきっかけになる、ということがいえるでしょう。

続いて、禁酒による肝臓のガンマY-gtpへの影響についてご説明いたします。

Y-gtpは、成人男性で10〜50、成人女性で9〜32が正常値です。

Y-gtp数値500の人が1ヶ月で完全禁酒すると、150代くらいまで落とすことが可能だそうです。

150まで落としたあとは、週2回以上の休肝日を設ける、とにかくお酒の量を減らす、軽い有酸素運動を続けることで徐々に数値が下がっていきます。

そして節約効果については目に見えてすぐに顕れますね。

お酒は今の時代、タバコの次に税金を上げる可能性が高いので節約のために禁酒をすると一石二鳥です。

体とお財布に優しくなります。

【スポンサードリンク】

禁酒を手助けするために

いきなり禁酒は辛いですよね。

まずは、量を減らしていきましょう!!

その後はノンアルコール飲料に変えたり炭酸飲料に変えましょう。

特に「無糖の」炭酸飲料は、健康・美容・ダイエットに注目されているので試してみるのもオススメですよ。

禁酒の効果・日数・期間についてまとめると

禁酒することにより健康特に、肝臓への負担は軽減できます。

完全禁酒が難しい方は休肝日や量を減らすなどをして肝臓を労ってあげましょう。

タバコの禁煙と違い、量をへらしていくだけでも肝臓の負担はそのぶん軽減されていきますよ。

正常値内になるよう落としていきましょうね!

わたしも減らせるようにがんばります…。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ