ケチャップの栄養素一覧!どんな健康効能があるの?

ケチャップといえばトマトベースの調味料として有名ですよね!

ケチャップは主に洋風料理に使われていますが、味にクセがないのでとても使いやすい調味料の一つです。

よく使用されるということはよく口にするということなので、せっかくですからケチャップの栄養素や健康効能も知っておくとお得だと思います♪

というのも、ケチャップはトマトがベースなので健康効能も沢山あるんですよ。

今回はケチャップの栄養素と健康効能についてご紹介いたします!

【スポンサードリンク】

ケチャップのスゴイところって?

トマト+αでケチャップが出来上がるのはご存知だと思います。

そんなケチャップですが、実は生のトマトとケチャップを比較しても栄養素はそんなに変わりありません。

トマトの栄養素の中で有名な「リコピン」は熱に強いので調味料のケチャップを使って煮ても焼いてもしっかりと栄養素を摂取することが出来ます。

(※ただし、ビタミンCは熱に弱いので多少減ってしまいます)

その上、生のトマトですと大きいサイズを2個分食べなければリコピンを充分に摂取できませんがケチャップですと大さじ4杯分で摂取できるので、手軽でコスパも良いですよね。

ケチャップの栄養素一覧!

トマトもといケチャップにはリコピンが含まれていることは有名ですが、その他にも多くの栄養素が含まれています。

ビタミン群

ビタミンE、A、C、K
ビタミンB1、B2
ナイアシン
ビオチン
リコピン
葉酸
パルトテン酸

ミネラル群

ナトリウム
モリブデン
カリウム
セレン
マグネシウム
ヨウ素
クロム
リン


亜鉛
カルシウム

一通りあげましたが実に様々な栄養素が入っていることがわかると思います。

その中でも特に豊富に含まれているものはビタミンE、ビタミンA、リコピン、モリブデン、カリウムです。

では、次にこの5つの健康効能をご紹介いたします。

【スポンサードリンク】

ケチャップの主な健康効能は?

リコピンの効能は?

リコピンは緑黄色野菜・果物の中で赤色の野菜に含まれている成分です。

このリコピンは抗酸化作用があるので、細胞の老化を防ぐ・美容のアンチエイジング・脂肪の燃焼・血糖値を下げる・肝脂肪を減少させる効果があります。

ビタミンEの効能は?

ビタミンEにはリコピンと同じ抗酸化作用がある他、血中のコレステロールの酸化防止・血流を促進させる効果があります。

ビタミンAの効能は?

眼精疲労を防ぐ・免疫力を高める効果があります。

モリブデン

貧血の防止・デトックス作用・痛風予防・二日酔いの防止に効果があります。

カリウム

むくみの解消・足がつりやすい方に・高血圧の予防・利尿作用があります。

主に細胞の老化を防いだり美容に効果がある他、貧血や血流を促進するなど女性に嬉しい効果があります。

また、生活習慣病を予防したり、お酒が好きな方にもありがたい効果があります。

レッドアイはビールをトマトジュースで割ったアルコール飲料ですが健康効果を前提に編み出されたお酒なんですねー。

まとめ

ケチャップの栄養素と健康効能をまとめてみたところ、予想以上に嬉しい作用があることがわかりました。

カロリーもあまり高くないうえに脂肪を燃焼する効果もあるので調味料に抵抗なく使用しやすいですね!

太りやすいイメージのあるパスタやお肉料理にも相性バツグンですよ!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ