カフェイン含有量ランキング!含有量が多い食品は?

コーヒーやお茶にはカフェインが入っているから夜飲むと眠れなくなると聞いたことがありませんか?

妊婦さんも乳幼児もカフェインの入った飲み物は飲まないようにといわれますね。

カフェインとはどのようなものなのでしょうか?

食品の中でカフェイン含有量が多いものも気になりますね。

今回はカフェインの特性とカフェイン含有量の多い食品ランキングとしてランキング形式で食品の含有量をご紹介します。

【スポンサードリンク】

カフェインの特性

カフェインの含まれた食品を摂ると眠気を払ってくれるといわれますが、これはカフェインが中枢神経に働きかけ、興奮状態にさせるからです。

また、カフェインには利尿作用や自律神経の働きを高める作用、脂肪燃焼作用、精神を安定させる作用などもあるといわれています。

通常の量を摂取することで上記のような身体にも心にも良い効果が期待されますが、多量に摂取すると下痢や頭痛、不安症などの症状が出ることもあります。

また心配なのはカフェイン依存症です。

カフェイン依存症は、カフェインを含む食品を多量に摂らなければ頭痛、神経過敏、うつなどの症状が出ることが特徴です。

【スポンサードリンク】

カフェイン含有量ランキング

100mlあたりの量で含有量を調べた結果です。

1位 玉露(緑茶)(約160から180㎎)
2位 眠気覚ましドリンク(約100から150㎎)
3位 缶コーヒー(約100から120㎎)
4位 燃焼系サプリメント(約100㎎)
5位 レギュラーコーヒー(約80から100㎎)
6位 高カカオチョコレート(約60から120㎎)
7位 インスタントコーヒー(約60から70㎎)
8位 ミルクチョコレート(約30から40㎎)
9位 紅茶(約30㎎)
10位 煎茶、コーラ、ウーロン茶(約20㎎)

ランキング形式にしてみると、カフェインの量の基準がなんとなく見えてきますね。

実はコーヒーよりも緑茶の方がカフェインを多く含んでいたりするようです。

また食品ではありませんが、医薬品にもカフェインは配合されているのです。

例えば眠気予防薬や総合感冒薬、解熱鎮痛剤、鼻炎用カプセルなど一般に良く購入する医薬品にも配合されています。

もちろんノンカフェインの医薬品もありますので、気になる方は商品購入の際に確認してください。

身体に安全なカフェインの量としては、成人であれば一日に200㎎から300㎎で体重が80㎏以上の人であれば400㎎までであれば安全な量だとされています。

レギュラーコーヒーで換算するとだいたい3杯ぐらいでしょうか。

また一度にたくさんの量を摂らずに、数回にわけて摂取することが望ましいとされています。

摂取量を意識しながら適量を摂取し、カフェインの良いところ摂りこみたいですね。

自分自身で少しカフェインを摂り過ぎかなと思う方にはノンカフェインの飲み物をオススメします。

麦茶、黒豆茶、ルイボスティー、たんぽぽ茶などにはカフェインが含まれていません。

カフェイン、ノンカフェインを上手に取り入れて健康な身体を目指したいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ