乾燥肌のぶつぶつ湿疹!かゆみの原因と対策について!

ぶつぶつ湿疹や、乾燥かゆみ、気にせずにはいられませんよね。

いつのまにか我慢できずに、ついつい掻いてしまう。

掻くことによってさらに症状が悪化してしまった経験はありませんか?

そうした悪循環を断つためにも、一刻もはやく原因を突きとめ、正しい対策を実践しましょう。

また、一向に治らない、ぶつぶつ湿疹・乾燥かゆみ、それらへ効果的なおすすめ対策はないのでしょうか?

今回は、特に目立ちやすい顔部分のお悩みにスポットを当て・・・ぶつぶつ湿疹や、乾燥かゆみの原因とおすすめの対策をご紹介したいと思います。

【スポンサードリンク】

ぶつぶつ湿疹や乾燥かゆみの原因

原因は以下のように多岐にわたります。

●化粧品が肌に合わない。
●紫外線
●睡眠不足、ストレス
●季節の変わり目による空気の乾燥
●ホルモンバランスの乱れ
●過度の洗顔
●偏食
●アレルギー

症状

●ピリピリ、チクチクするような違和感。
●赤く腫れる。
●湿疹やニキビが急激に増える。
●かゆみが出る。

ぶつぶつ湿疹や乾燥かゆみのタイプ

大きく5つのタイプに分けることができます。

●接触じんましん反応
接触してすぐに起きるのが特徴です。

●刺激性接触皮膚炎
48時間以内に起き、主に淡紅色の発疹ができるのが特徴です。
悪化すると、水泡ができ、痛みを伴うこともあります。

●アレルギー性接触皮膚炎
72時間ほど経過してから、かゆくなったり湿疹ができるのが特徴です。
こちらのタイプは特に、かゆみが強く出ます。

●脂漏性皮膚炎
脂漏性湿疹とも呼ばれ、湿疹は小さいものから大きめのものまで。
マラセチア真菌というカビの一種が原因で起きます。

●光接触性皮膚炎
日光だけで起こる場合と、U∨剤や化粧品などが反応して起こる場合があります。
赤く炎症を起こし膨らんだ湿疹、水泡などができて、かゆみを伴います。
また、湿疹ができた後に、黒っぽいシミになりやすいのも特徴です。

【スポンサードリンク】

おすすめの対策方法

●睡眠不足やストレスの排除
十分な睡眠時間を確保することで、肌の状態をはやく回復させます。

●洗顔方法の変更
強くこすったり、過剰な洗顔を控えましょう。
肌が乾燥していると、皮膚のバリア機能が低下してトラブルが起きやすくなります。

●漢方薬
①十味敗毒湯(ジュウミハイドクトウ)

湿疹全般に効果を発揮します。

②黄蓮解毒湯(オウレンゲドクトウ)

主に赤みの強い湿疹に効果を発揮します。

●抗真菌薬(マラセチア真菌)
ケトコナゾール、イトラコナゾールなどが処方されます。

炎症が重度の場合は、ステロイド剤(副腎皮質ホルモン)や、抗生物質の塗布および服用を行います。

●抗ヒスタミン剤、抗アレルギー剤(かゆみ)

●ビタミンB群、ビタミンCの服用(かゆみ)

自己判断での治療は、症状悪化につながり非常に危険です。

信頼できる医師または薬剤師に必ず相談しましょう。

まとめ

ぶつぶつ湿疹や乾燥かゆみの原因と対策方法、いかがでしたか?

一筋縄ではいかない肌トラブル、自分に合った方法で正しくケアしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ