中途採用面談によくある質問や回答例!退職理由はなんと言うべき?

最近は、一つの企業に長く勤務しない時代で、何度も転職をしたり、自分が働きやすい職場に転職したりが当たり前です。

その際、中途採用面談の合否が仕事の仕方や今後を決めます。

各面接ではキャリア、退職理由など色々な質問が判断基準とされます。

ここでは、「よくある質問」や「よくある回答例」を見てみましょう。

また面談の質問回答が、転職先の企業にマッチしているかどうかも判断基準となります。

【スポンサードリンク】

中途採用面談の質問には、はっきり・しっかりと回答する

面接官の様々な質問に、はっきり・しっかりと答えていく必要があります。

特に小さなベンチャー企業等においては、社長が面接官が面接に当たることもあります。

しっかり・はっきりと受け答えする、まずはこれが基本になります。

【スポンサードリンク】

面接時によくある質問をピックアップ

まずはお決まり、なぜ当社に応募したのですか?

その会社を選んだ理由をはっきり答え入社意欲をアピールできます。

会社の活動や会社の雰囲気、給料、勤務地、待遇、また、前職での経験がなぜその個性に適合するのかをはっきり答えると好印象です。

より細かく説明できればOKです。

今の職種を選んだ理由は?

この質問は特にキャリアのない応募者によくある質問です。

希望する職種への意欲は大切で、キャリアがある方は前職での経験や職務、どんな仕事をしていたのかをはっきり伝えるようにしましょう。

特にNGな回答としては「興味があった」「勤務地が近い」「給料が良いから」「入ってみたかったから」、「大手の企業だから」などあいまいな返答はマイナスな印象を与えます。

依然勤めていた勤務地の退職理由を聞かれたとき

以前に勤務していた場所で人事が知りたいのは、採用後に勤務できなくなったり、長期間勤続できかどうかを判断します。

人間関係のトラブルなどにも着目します。

待遇面への不満を口にしないようにしましょう。

すべての条件においてこのときに好印象な返答はキャリア、ステップアップをしたいから、また転職した理由を正直に答えることも大切なのです。

いつから出社可能か

最後に質問されます。

特に急ぎの求人の時は少しでも早く企業側も人材が欲しいと思っています。

正直にできるだけ早く勤務できるように回答するようにしましょう。

この時には可能な限り早く勤務できることを告げておくことが有意義です。

時間をおいてしまうと仕事への姿勢を疑われ、マイナスの評価にもなりかねません。

今までの仕事のキャリアを聞かれたときに

前職でのキャリアについて細かく話しておきましょう。

できるだけ謙遜せず、経験や、結果身につけたキャリアや役職について話しておきましょう。

経験、知識があれば仕事に着任しても全てがスムーズに進むので面接官はこのようなことを見ています。

あなたの長所

どんな経歴や特徴をもった応募者が会社に勤務するのかを吟味しますので、長所をしっかり素直に答えることは大切です。

自分のことを知らないのはマイナスイメージです。

謙虚に自分のことを明確に伝えるようにしましょう。

情報の収集が得意ならアピールポイントにもなります。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ