女性のホルモンバランスを整えるには?食事で乱れを改善しよう!

女性は、「女性ホルモン」というホルモンの分泌により、身体のバランスが保たれています。

そんな女性にとって大事なホルモンのバランスが乱れてしまったら、一体どうなってしまうのでしょうか?

なかなか改善しない不調・・・もしかしたら、ホルモンバランスが原因かも。

今回は、年齢を重ねた女性だけでなく若い女性にも多い”ホルモンバランスの乱れ”にスポットを当ててお話したいと思います。

ホルモンバランスが乱れたとき、薬を使わずに、食事でバランスを改善・整える方法はある?日常生活で気をつけることは?

ホルモンバランスを整える方法を正しく理解して、女性の健康維持に欠かせない食品を毎日の食事に取り入れましょう。

それでは女性のホルモンバランスを整える方法について見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

女性ホルモンについて

ホルモンには2種類あり、それぞれ働きが違います。

・エストロゲン

卵胞ホルモンと呼ばれ、第二次性徴を促進する働きをもつホルモンです。

つまり、エストロゲンによって女性らしい身体がつくられるということ。大事なホルモンですね!

この他にも、血管や骨を強くしたり、脳や自律神経の働きを促進させる作用もあります。

・プロゲステロン

黄体ホルモンと呼ばれ、排卵直後から卵巣で作られる女性ホルモンのひとつです。

妊娠、出産に重要な役割を果たすホルモンで、このプロゲステロンが不足していると不妊につながることもあります。

これらのホルモンは、一定の周期でそれぞれの分泌量のバランスを変えて、女性の心と身体の正しいリズムを保っています。

女性ホルモンが乱れる原因

以下のような原因が女性ホルモンが乱れる原因になるそうです。

自分が当てはまっていないか確認しましょう!

・睡眠不足
・ストレス
・食生活の乱れ
・運動不足
・冷え性
・加齢
・何らかの病気

女性ホルモンの乱れで起きる症状

女性ホルモンのバランスが崩れると以下のような症状が発生します。

・生理不順

 生理周期がズレたり、出血量が極端に多くなったり少なくなったりします。

ひどい場合は、だらだらと出血が長引いたり、生理がこない無月経になってしまうこともあります。

・生理痛がひどくなる

 生理の出血量が多くなることで、痛みがひどくなります。

なかには、起き上がれないほどの激痛を伴う場合もあるそうです。

・不正出血

 プロゲステロンの分泌量が減少することで、子宮内膜の一部が剥がれ落ちてしまうことが原因です。

・PMSの症状が現れる

 月経前症候群と呼ばれ、イライラしたり、なんとなく憂鬱になって気分が落ち込むなど精神的な症状が強く現れます。

・自律神経が乱れる

 更年期の女性に多く、ひどい場合は自律神経失調症にかかってしまうこともあるといわれています。

・不妊症になりやすい

 ホルモンバランスを正常に保てない状態が長く続くと、無排卵となってしまいます。その結果、不妊につながりやすくなります。

・肌荒れしやすくなる

 皮脂の分泌にも影響する女性ホルモン。

バランスが乱れることによって、ニキビや毛穴の開きなどの肌トラブルが起こりやすくなります。

【スポンサードリンク】

ホルモンバランスを整える食品

・大豆食品(豆腐、納豆、豆乳、味噌)

 「大豆イソフラボン」この言葉は、よく知っている方も多いのではないでしょうか。大豆は、女性ホルモンに似た働きをするため、ホルモンバランスの改善に役立ちます。

・魚類(マグロ、カツオ)

 魚の中でも特にビタミンB6を多く含むものを摂るようにしましょう。ビタミンB6には、エストロゲンの代謝を促進する働きがあります。

・ナッツ類

 ビタミンEを多く含むナッツには、ホルモンの分泌を制御する働きがあります。また、ナッツ類には美肌効果もあるので肌荒れの改善にも役立ちます。ただし、食べ過ぎには注意して下さいね。

・乳製品

 乳製品には自律神経の乱れを整える働きがあるため、ホルモンバランスの変動によるダメージを和らげることができます。

食事以外で気をつけること

食事以外には以下の点を気をつけ、改善していきましょう!

・過度の飲酒は控える
・良質な睡眠をとる
・ストレスを溜め込みすぎない
・適度な運動をする
・早寝早起きをする

まとめ

いかがでしたか?

現代女性は、日々の生活だけでなく仕事などのストレスからもホルモンバランスを崩しやすい状況にあるといわれています。

ホルモンバランスを正常に保つためには、まず食生活から。

ただし、原因が何らかの病気である可能性もあるので、不快な症状が強く出たり続くような場合には早めに病院を受診しましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ