しゃっくりの原因!ストレスや炭酸で頻繁に起こる時の止め方は?

しゃっくりの原因としてはいくつかあります。

ストレスによってしゃっくりが発生することもあります。

炭酸を飲んだ時に出るときもあります。

しゃっくりが頻繁に出るようであればあまり良くありませんので、止め方を調べてみたりして自分なりの止め方をマスターしましょう。

そうすれば頻繁に出ていたしゃっくりも、あまり長い時間放置せずに止めることができます。

ストレスや炭酸を飲むたびに出てしまうしゃっくりですが、止め方をしかりわかっていればいざという時に慌てずに済みます。

しっかりと事前にしゃっくりの原因や止め方を調べておくことが大事です。

【スポンサードリンク】

炭酸飲料によるしゃっくりとは

しゃっくりが出ている状態というのは肺の下にある横隔膜が痙攣をしている状態です。

痙攣している状態なのであまり良い状態と言えません。

しかし多くの方がある程度の時間がたてば自然に治ってしまいます。

炭酸飲料を飲んだ時もストレスの時に出てしまうしゃっくりも同じように横隔膜が刺激されることにより発生するしゃっくりです。

特に炭酸飲料は基本的に冷たいものが多いですので、冷たいものはさらに横隔膜を刺激してしまうことになります。

また炭酸飲料は二酸化炭素が多く含まれています。

二酸化炭素を体の中にたくさん入れてしまうと、脳が酸素不足だと認識してしまい酸素をたくさん取り込もうとして、しゃっくりを引き起こすのではないかと考えられています。

【スポンサードリンク】

炭酸以外のしゃっくりの原因としゃっくりの止め方とは

しゃっくりの原因としては炭酸飲料やストレスがありますが、他にもタバコなどの喫煙も関係しているといわれています。

あとは比較的肥満傾向にある人も発生の確率が高いと言われています。

短時間でのしゃっくりでしたら全く問題はありませんが、長時間しゃっくりが出るようであれば何かしらの病気が疑われますので、その時は速やかに病院などの専門の方に相談することをおススメします。

しゃっくりの止め方についてはいろいろな方法があります。

息をして限界まで止めるというのも一つの方法です。

これはただ単に息を止めるというのではなく、まずは息を吸うときに限界まで息を吸います。

それからゆっくりと息を吐きます。

このときもゆっくりと限界まで吐くというのがポイントになります。

これをやってみてしゃっくりが止まれば問題ありません。

もし1回やって止まらなかった場合はもう一度やってみると良いです。

何度もやってしゃっくりが止まらず長期間続くようであれば、あまりその状態を続けてしまうのは良くありません。

そのような時は病院などの専門の方に相談をしたほうが良いでしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ