部屋がタバコ臭い?対策や消臭方法を紹介!

最近はタバコの値段が上がったり、分煙や禁煙の飲食店も増え、愛煙家にとってはなかなか辛い状況に置かれがちですね。

せめて家では部屋では自由にゆっくりとタバコを味わいたいものです。

しかし部屋にいるときは気づかないことも多いのですが、タバコの臭いは割りと部屋に染みこんでいるものです。

タバコを吸った部屋に別の部屋からはいる、もしくは外出先から帰って部屋のドアを開けたときに、タバコ臭いと思ったことありませんか?

タバコ臭い部屋の消臭対策はどのようにすればよいのでしょうか。

臭い対策や上手な消臭方法は無いものでしょうか?

今回はタバコ臭い部屋の掃除の方法とタバコのにおい対策としての消臭方法をご紹介します。

【スポンサードリンク】

タバコ臭い部屋の掃除方法

タバコを吸うとどうしてもヤニがでます。

そのヤニがカーテン、壁紙などありとあらゆるところに付着することで、タバコ臭い黄ばんだ部屋になってしまいます。

タバコの臭いは様々なところに付着しますが、その大部分は床・天井・壁・ガラスといった面積の大きい物です。

そのためまずは、部屋の大部分をしめる、カーテン、壁などの消臭・黄ばみ対策を行いましょう!

タバコ臭いカーテンの消臭・黄ばみ対策!

まずはカーテンです!

カーテンは消臭剤などで済ませるだけではなく、しっかりと洗濯機で丸洗いしてしまいましょう!

すすぎの前の水を見ると黄色いにごった色をしているので、こんなにも汚いのかと驚くと思います。

洗濯の仕上げには、消臭効果のある柔軟剤も使用しましょう。

消臭効果を持った柔軟剤を使用すれば、より高い消臭効果が見込めます。

布製のものはとても臭いを吸収しやすいので、なかなかタバコの臭いは消えづらいものです。

きっちり洗濯を行い、タバコの臭いを防ぎましょう!

タバコ臭い壁・床・ガラスへの消臭・黄ばみ対策!

窓ガラス、床にもヤニは付着しています。

ガラスにはガラス用洗剤、床には床用洗剤と、それぞれ専用の洗剤を使用し、きっちり掃除を行いましょう。

最後に壁紙ですが、壁紙の掃除には注意が必要です。

といいうのも、壁紙には防水タイプのものや色付きの物など、色々な種類があるためです。

中性のガラス用洗剤や、ハイターなどの漂白剤を使用した掃除方法をよく見かけますが、壁紙にはそれぞれ適した掃除方法があります。

部屋の見栄えにも関わってきますので、まずは壁紙の種類を把握し、最適な掃除方法を選びましょう。

【スポンサードリンク】

タバコの臭い対策や消臭方法

部屋の掃除による消臭方法を説明しましたが、日々の臭い対策も重要です。

次に、日常で行える部屋の臭い対策をまとめました。

・備長炭

炭の消臭パワーは強力です。

臭いを吸収してくれますし、人体にも無害なところもいいですね。

・部屋用消臭スプレーと置き型消臭剤

消臭スプレー・置き型消臭剤、どちらも芳香用というよりは消臭とうたっているものを選ぶ方が良いでしょう。

芳香剤はタバコの臭いに花の香りや甘い香りがプラスされるだけですので、消臭効果があるわけではありません。

消臭効果を目的としている商品を購入するようにしましょう。

・次亜塩素酸

消臭スプレーが苦手な方もいると思います。

そのような方には、次亜塩素酸はいかがでしょうか。

消臭スプレーのように、スプレーとして使用できます。

原料は水と塩で、水と塩を電気分解して作られたものです。

ホームセンターやドラッグストアなどで購入が可能です。

次亜塩素酸も人体に無害で、生ごみやトイレの消臭剤としても使用可能です。

・空気清浄器

空気清浄器も電気代は発生するもののやはり効果が期待できるものですね。

消臭スプレーや次亜塩素酸などを使用した上で合わせて使用する方が良いようです。

・こまめな換気

単純ですがこまめな換気も効果的です。

締め切った部屋でタバコを吸っていると煙も部屋中に充満します。

できれば吸う度に部屋を換気すると臭いも随分とましになるでしょう。

また、消臭ビーズのようなものをタバコの灰皿に入れておく方法もあります。

灰皿専用の消臭ビーズも売られていますので、試してみてはいかがでしょうか。

まとめ

やはり、誰しも綺麗な部屋に住みたいものだと思います。

季節の変わり目などに、消臭目的の大掃除などいかがでしょうか。

また、賃貸の方は定期的に掃除をしないと、黄ばみや臭いのせいで、家を出る時余計なお金が発生する可能性もあります。

定期的に掃除は行うようにしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ