鼻うがいの効果とやり方!正しい方法で鼻炎や風邪対策に!

なかなか解消しない鼻炎や花粉症などには「鼻うがい」が効果的です!

そんな鼻うがいの上手なやり方を知っていますか?

鼻うがいとは、鼻から水を入れて鼻の中を洗浄して口から出すうがい方法です。

鼻炎や風邪が原因の鼻づまりや、花粉症などで長時間続く辛い鼻水は、鼻の中を直接洗浄することで、症状を緩和したり、一時的に解消することができます。

「鼻うがいは痛そう」「鼻うがいは難しそう」「やり方が分からない」と、ちょっと敷居の高いイメージのある鼻うがいですが、正しい方法を知っていれば痛みも無く、効果的な鼻づまり解消の効果を見込めます!

ここでは鼻炎の鼻づまり、風邪予防や花粉症に試してもらいたい鼻うがいのやり方や効果、注意点などをご紹介します。

正しい方法で効果的に鼻うがいを行いましょう!

【スポンサードリンク】

鼻うがいの効果

鼻うがいのやり方の前に、その効果について理解しましょう。

花粉やハウスダストなど、アレルゲンが粘膜に付着することが原因で起こるアレルギー性の鼻炎には、鼻うがいは大変効果的です。

鼻炎のものとなる、花粉など洗い流せるわけですし、イメージしやすい効果ですね!

また鼻うがいは、風邪やインフルエンザなどのウイルスも洗浄できます。

そのため風邪予防としてもおすすめなのです。

ただし注意点として、風邪や鼻炎アレルギーそのものを治療することはできません。

鼻うがいで予防や対策をしつつ、病気自体に対しては薬や病院のお世話になりましょう。

鼻うがいのやり方〜作り方〜

鼻うがいは正しく行えば痛みは伴わないものです。

しかしプールやお風呂で鼻の中に真水が入ってしまい、ツーンと痛い思いをしたため、苦手意識を持っている人もいるかもしれません。

通常、鼻の中は水を直接入れるようにはできていないため、ただの水では痛みを伴ってしまうのです。

痛みを防ぐためには体液と同じ浸透圧になる0.9%の食塩水を用意する必要があります。

鼻うがい専用の生理食塩水や用具は薬局などで販売もされていますが、煮沸消毒して冷ました水1リットルに対して9グラムの食塩を溶かした手作りの食塩水でも問題ありません。

鼻うがいのやり方〜ただしいやり方〜

やり方ですが、まず、食塩水を洗面器など広い容器に入れて、片側の鼻を抑えながら反対側の鼻から水をそっと吸い込みます。

はじめのうちは少量を吸い込み、少し息を止めて鼻の中に水が行き渡るのを感じたら、鼻から水を出すようにしてください。

数回繰り返すと、鼻の詰まりが少しずつ解消されます。

鼻から吸ってそのまま鼻から出す方法に慣れてきて、鼻の詰まりが解消されはじめたら、鼻から吸い込んだ水を口から吐きだす挑戦をしてみましょう。

この時、無理に吸い込むと気管へ水が入ってしまったり、粘膜を刺激してしまい、症状を悪化させてしまう可能性がありますので気をつけましょう。

無理に吸い込んだり吐き出したりせず、少しずつ繰り返すように心がけるのが大切です。

【スポンサードリンク】

鼻うがいの注意点

鼻水や鼻づまりのストレスを軽減したり、洗浄する効果は期待できます。

ただし先に説明したとおり、長引く風邪や副鼻腔炎など鼻の病気は病院での治療が必要なので注意してください。

また鼻うがいをする食塩水は雑菌の繁殖を避けるために作り置きをせず、回数は粘膜を傷つけないために一日に1~2回程度に抑えるようにしましょう。

小さな子供や自分で鼻うがいが難しい人は、耳鼻科でも鼻の洗浄ができますので鼻づまりや鼻水の症状が続く場合は病院を受診するようにしてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ