ハーブの室内プランター栽培!初心者でも簡単に!

お料理のアクセントやリラックスタイムに自分で育てたハーブを使ってみませんか?

ハーブは省スペースから栽培が可能で、室内やベランダの少ないスペースでもプランター等を使って育てることができます。

また、ハーブは丈夫な性質で栽培方法が比較的簡単なので、ガーデニング初心者の方にもおすすめです。

室内でプランターを使って育てれば、ちょっとしたインテリアにもなりますよね。

ここでは初心者の人にも室内でプランターを使って栽培するのにおすすめのハーブや、利用方法などをご紹介いたします!

それでは、初心者でも簡単にできる、ハーブ室内プランター栽培について説明していきます。

【スポンサードリンク】

初心者でも栽培できるおすすめハーブ栽培

室内栽培初心者におすすめのハーブは「ミント」「バジル」「ローズマリー」「カモミール」です。

その他にも簡単に手に入るハーブの苗や種は丈夫な性質なものが多く、ほとんどが室内のプランターでも栽培することができるそうですよ。

また、生命力の強いハーブは庭に直植えしてしまうと、かえって増えすぎてしまい周りの植物に影響を与えることがあるため、プランターが良いとされています。

初めて育てるハーブは、ホームセンターなどで苗から購入するようにしましょう。

種から育てると、大量に発芽してしまい室内で栽培するにはスペースが足りなくなってしまったり、反対に丈夫な苗が育てられず満足に収穫できない可能性があります。

ハーブのプランター栽培の流れ

次に実際に植える際の流れです。

プランターの底に水はけがよくなるように鉢底石を敷き詰めましょう。

栽培用の土を7分目まで入れて、ポットから取り出した苗をプランターに植えます。

上から軽く土をかぶせたら、水をあげて完了です。

水はけの良い環境を保ち水のやりすぎや根腐れに気をつけつつ、日当たりの良い場所で育てましょう。

定期的にプランターの向きを替えると育成のムラがなくなります。

根を張り育成が順調に始まったらハーブの種類ごとに摘心などのお手入れをしておくと観賞用としても楽しめて、お料理などにも早い段階で活用できます。

【スポンサードリンク】

育てたハーブを使ってみよう!

ハーブは成長を始めると増えすぎてしまったり葉が固くなることがあるので、こまめに収穫して利用してみましょう。

ミントはたくさん摘み取ったら、茎の太い部分を外して、鍋で沸かしたガムシロップに香りがうつるまで沈めて濾すと、ミントシロップになります。

水や炭酸水で割りレモンを加えると清涼感あふれる、お洒落なノンアルコールになるのでおすすめです。

カモミールは花の部分を摘み取り、ローズマリーは適度なサイズの房ごとに摘み、風通りの良いところで乾燥させて保存しておけば、お料理やお茶のアクセントとして手軽に使うことができます。

バジルはトマトを使った料理以外にも、手軽にサラダにそのまま加えることができる便利なハーブですが、大きく成長して使い切れなくなってしまったら、塩、オリーブオイル、にんにく、粉チーズ、くるみや松の実と一緒にフードプロセッサーで撹拌して作るバジルソースが保存に便利でおすすめです。

ハーブは初心者でも簡単に育てることができ、見栄えもオシャレです。

これを期に育ててみてはいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ