布団の掃除頻度は?掃除の仕方でアトピーを防ごう!

アトピーがなかなか良くならない、治らないと悩んでいる方いらっしゃるのではないでしょうか。

アトピーにはいろいろな原因があるといわれています。

ハウスダストやダニが原因のアトピーもあるといわれていますが、布団の掃除はどうしていますか?

布団はダニの温床となりやすいと聞きますよね。

布団の掃除の頻度はどれぐらいがベストなの?

掃除の仕方も気になりますね。

布団の掃除の頻度や仕方によって、アトピーを防ぐこともできるかもしれません。

今回は布団の掃除の頻度や仕方について注目したいと思います。

【スポンサードリンク】

布団の掃除の頻度は?

人間は寝ている間にコップ1杯200ccの汗をかいています。

当然汗をかいた布団をそのままにしておくと、湿った状態になりますね。

適度な湿度と温度はダニが好み繁殖する環境となり、またカビの発生の原因ともなります。

晴れた日に布団を天日干ししましょう。

最低でも週に1、2回は干した方がいいですね。

天日に干せない場合も週に1、2回の布団乾燥機の使用をオススメします。

また、布団には直接寝たり掛布団をかけたりするのではなく、カバーを装着してしようするようにしてください。

カバーをかけることによって汚れが直接布団につくのを防ぐことができ、布団そのものよりカバーを洗濯する方が楽な上、清潔も保たれます。

カバーの洗濯はできれば週1度以上がオススメです。

【スポンサードリンク】

アトピーを防ぐための布団の掃除の仕方

布団を天日干ししただけでは、残念ながらダニは死滅しないといわれています。

布団を10時から15時ころまで、表裏天日干しし取り入れた後、両面に掃除機をかけます。

布団を干すとダニが比較的布団の表面に集まりやすくなっていますので、集まっているところを掃除機で吸い出すためです。

布団をたたいて取り入れる姿を良く見かけますが、たたくだけではダニは取り除くことはできません。

布団をたたくことで、布団そのものをいためているだけで、ダニ対策にはなっていないようです。

布団を干した後で軽く表面をたたいて外気のほこりなどを落とし、布団片面5分程度、ゆっくりと丁寧に掃除機をかけてください。

毎日掃除機をかけるのは大変な場合は、週に1、2回はかけるようにした方がいいですね。

布団を天日干しにすることができない場合は、布団乾燥機もしくはホットカーペットのダニ退治機能を使用しましょう。

布団乾燥機やホットカーペット使用後もやはり掃除機をかけることをオススメします。

布団の天日干しや布団乾燥機も有効活用し、布団をまず乾燥させることが大事ですね。

そして、掃除機を使ってダニを布団から追い出しましょう。

せっかく布団を掃除するのですから、ご紹介した内容を参考に頻度を考え、効果的な掃除の仕方でアトピー対策をしてみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ