足がつる原因、治し方と予防方法!何度もつるのが治らない人も予防しよう!

寝ている時に足がつることありませんか?

痛くて、あわてて飛び起きたという経験をしたことがある人もいらっしゃるのではないでしょうか?

しかしなぜ人の足はつる(こむらかえりとも言います)のでしょうか?

今回は足がつる原因やメカニズムを知り、足がつった時の治し方をご紹介します。

「夜中突然足がつって、なかなか治らない」なんて思いをしている方は、是非参考にしてください。

また、いろいろ治し方を試してもなかなか治らないという経験をお持ちの方もいらっしゃると思いますが、実は足がつるのを予防する方法もあったりします。

治らないと悩んでいる方のために合わせて予防法もご紹介します。

それでは足がつる原因や治し方、なかなか治らない人のための予防方法を見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

足がつる原因と治し方

足がつる原因ですが、実は中枢神経が関係しています。

中枢神経が足の筋肉の伸びや収縮の指令を出しているのですが、その仕組みに不調が出ることで、足がつる状態になるのです。

足がつる原因、中枢神経の指令伝達の仕組みがうまくいかない原因としては以下のようなことが考えられています。

・身体が冷えて筋肉が緊張している

・水分やエネルギー不足

・イオン不足

・加齢による筋力の衰え

一般的に、夏の冷房や冬の寒さで体が冷えて筋肉が緊張したり、汗をかくことにより水分やイオンが体外に排出されイオンバランスが乱れ、中枢神経の伝達に支障が出る場合が多いそうです。

また加齢により筋力が衰えたり血行が悪くなることにより、足がつることが多くなります。

日頃から運動を行なうことも重要な対策になります。

足がつった時の治し方!

次に足がつった場合の治し方について紹介します!

・つっている方の足の膝あたりをおさえ、足の親指を上向きに反らすように曲げてください

・寝ている場合は、壁などに足の裏をあて、ゆっくりと足の裏で壁を押すように力を加えましょう

・介助してくれる人が側にいる場合は、足の裏側からゆっくりと手の指や手の平などで押してもらうようにしましょう

いずれの治し方の場合でも足がつって痛いからと強く押したり急激な動きをするのではなく、ゆっくりと優しく押すようにしてください。

【スポンサードリンク】

足がつらないようにするための予防法

足がつらないようにするためには、運動や食事に気を付けるようにすると良いとされています。

過度な運動は必要ありませんが、適度な運動やストレッチをして血行を良くすることが大切です。

また、ミネラル不足により足がつりやすくなるともいわれています。

そのため汗や尿と一緒に体外に排出されやすいミネラルを意識的に食事中に摂取することも重要です。

食材で見てみると、乳製品や小魚、豆腐、アーモンドなどにミネラルが多く含まれています。

また、ビタミンB1やタウリンも積極的に摂り入れると良いでしょう。

卵や豚肉、豆類、イカ、タコなどに多く含まれていますので、意識的に摂り入れるようにしてみてはいかがでしょうか。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ