妊娠初期の出血の原因とは?流産したの?腰痛もするしこれって生理?

妊娠中は少しの身体の変化や痛みに対して不安になりますね。

妊娠初期は吐き気やつわりで大変な思いもする中で、出血したり腰痛や下腹部痛もあると、「もしかして流産?」「生理なの?」と心配になります。

今回は、妊娠初期の出血の原因、腰痛の原因、出血や腰痛と流産の関係についてご紹介します。

ご紹介した内容を参考にしながら、個人差もありますので自己判断だけに頼らず医療機関の診断を受けることもおすすめします。

【スポンサードリンク】

妊娠初期の出血の原因は?流産?生理?

妊娠4週目から15週目の期間を妊娠初期といいます。

妊娠初期には着床痛といわれる腰痛と生理の時のような下腹部痛があることがあります。

出血もともなうこともあり、流産かもしれないと心配になる人も多いようです。

着床痛は受精卵が子宮の内膜に着床する時に子宮が傷つけられ、出血したり痛みをともないます。

この痛みがまるで生理の時のような感じなので、「あれ?生理かな?」と思う人もいるようです。

着床痛の痛みは個人差がありますが、出血が長く続かない、安静にしていれば痛みも和らぐようであれば様子をみても良いかもしれません。

注意しなければならないのは、生理痛を超えるような下腹部痛や腰痛、出血量であれば流産の可能性があります。

すぐに産婦人科を受診してください。

【スポンサードリンク】

妊娠初期の腰痛の原因は?

妊娠初期に腰痛を訴える妊婦の方がたくさんいらっしゃいます。

妊娠すると子宮は赤ちゃんを育てるために血液をためて徐々に大きくなります。

大きくなった子宮は内臓を圧迫しそれが腰痛につながることもあります。

また、大きくなった子宮を支えるため骨盤が開き、リラキシンというホルモンが作用して靭帯が緩み、関節が安定しなくなるため腰痛をひきおこすといわれています。

腰痛の痛みはお腹から腰にかけて重い鈍痛を感じる人、激痛の人などさまざまで個人差があります。

腰痛だけの原因では流産にならないといわれています。

妊娠初期の流産は受精卵の染色体異常が主な原因だといわれています。

妊娠初期から安定期までは、無理をすると流産の危険が高いと良く聞きますね。

腰痛や下腹部痛がある場合は、楽な姿勢をとり安静にしておきましょう。

特に出血を伴う場合は気を付けてください。

しばらくして痛みが和らいでくる、出血もおさまれば様子を見ていても良いでしょう。

ただし出血が続く、出血量が増える、安静にしているのに腰痛や下腹部痛がひどい場合は、自己判断をせずに産婦人科を受診するようにしてくださいね。

妊娠初期は痛みや身体の変化に敏感になり不安になってしまいます。

こんなことぐらいで産婦人科を受診しても良いのだろうかと遠慮してしまいがちですが、専門家に診てもらうことで適切な処置を受けることができ安心できます。

無理をせず、身体を大事にしながら辛い時期を乗り切ってくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ