指のしびれ!左手右手の薬指がピリピリする原因は?

指がしびれたなんて事はありませんか。

肘をタンスの角にぶつけた時に指先がしびれることがありますが、これは神経が薬指などの指と繋がっているので、ピリピリとしびれるわけです。

指のしびれの原因として考えられるのはいくつかあります。

特に薬指にピリピリとくるようなしびれの原因はかなり絞られます。

左手でも右手でもどちらでも関係なく、指にしびれがくるようなことがあれば早めに対応したほうが良いでしょう。

右手でも左手でもどちらの指でも関係ありません。

薬指などの指がしびれるような時は要注意です。

どのような原因かはっきりさせることからまずは始めて下さい。

【スポンサードリンク】

薬指がしびれる原因とは

指先がしびれる症状としてはいろいろな病気が考えられます。

特にピリピリするような痛みというのはほとんどの場合、神経が関係していることがほとんどです。

薬指のしびれならば肘の内側にある尺骨神経が圧迫されたり、引っ張られたりすることで発症することが多いです。

主な原因としては、長い間運動やスポーツなどをしていて慢性的に同じ場所の筋肉をずっと使っていたため。

小さい時に骨折をして手術の経験があるかたは、成長するとともに肘の内側の尺骨神経が圧迫されてしまうケース。

加齢とともに肘が少しずつ変形してしまうもの。

などが薬指がしびれる原因として挙げられます。

症状が悪化してしまうと薬指などの指が変形してしまい、ほとんど曲げることもできないようなことになってしまうこともあります。

指先がしびれるようなことがあったら、手遅れにならないように早めに医師などへ相談することをおススメします。

【スポンサードリンク】

薬指がしびれる症状に対する治療法とは

薬指のしびれに対する治療法としては、まず最初にやるのは薬物を投与することです。

消炎鎮痛薬やビタミンB剤などを使用して治療することになります。

ある程度初期の状態であれは薬を飲んで良くなることもありますので、まずは薬を飲んで様子を見るということになります。

薬の投与と同時に筋肉をあまり使わずに安静にするということがとても大事です。

特にスポーツなどをしている方は普段から筋肉を酷使していますので安静にするということはとても重要な行為になります。

薬の投与が効かない場合は尺骨神経を圧迫している靭帯の切離や切除などを行うようになります。

尺骨神経への圧迫が強い場合は骨を削ったり神経を移動するような外科的手術が必要になります。

外科的手術はなるべく避けたいので、少しでも指先のしびれが気になるような症状が出たときは、すぐに病院などへ行き、処置をしたほうが良いです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ