目の充血が治らない原因は?痛みは病気のサイン?

目が充血しているなんていうことは皆さん一度は経験があるのではないでしょうか。

充血の原因としてはいくつか考えられますが大きく分けて強膜充血などの眼球の中に関係している病気によるものと結膜が炎症している結膜充血によるものがあります。

目が充血してなかなか治らないという場合は原因として上記のような病気の場合も考えられますので、まずは眼科へ行って先生に診てもらった方が良いでしょう。

それで直れば問題ありません。さらに痛みを伴う充血の場合は他に原因があるかもしれませんので直ちに病院に行った方が良いです。

たとえ充血していても目の痛みが内容であればとりあえずは年を休めてあげることも大切です。

【スポンサードリンク】

原因はいくつか考えられる

最近の傾向として考えられる原因の1つが液晶画面を見ている時間が昔よりはるかに長くなったということが考えられます。

小さい画面を一定の時間見ていると、まばたきをする回数が減ってしまうことがあります。まばたきの回数が減ると目の表面が乾いてしまいドライアイや眼精疲労の原因にもなります。

これは病気といえば病気なのですが治らないわけではありません。簡単に言ってしまえば液晶画面を見る時間を減らせば良いのです。

しかしそんなことをするのは現代社会ではなかなか難しいことです。

目の充血や眼精疲労、ドライアイなどは目の痛みだけではなく肩こりや頭痛を誘発することをあります。

特に日本人の多くの方は肩こりの病気に悩んでいる方がたくさんいます。

【スポンサードリンク】

定期的に目を休めること

パソコンやスマホを使うのはある意味しょうがないことなので、それであればなるべく目を休めるということをしたら良いでしょう。

仕事で画面をずっと見なければいけない方には、休むというのはなかなか難しいと思います。

そんなに時間がかからない方法としては30分に1回ぐらいのペースで良いですから、パソコンの画面から目を離し部屋の一番奥など見るようにして下さい。

その時にまばたきをしながらやって下さい。

するといつもはパソコンの画面との一定の距離のものしか見ていなかったものが見える距離を変えることで疲れていて充血していた目が少し良くなります。

タオルを温かいお湯で濡らした後によく絞りその温かいタオルを1〜2分くらい目に当てておくというのも少し目の充血や痛みが改善されます。

しかしなんといっても一番良いのはパソコンの画面を見るのをいったんやめて少しでも良いので目を休めてあげることです。

仕事中でもほんの30秒でも40秒でも良いですから画面から目を離し、目をつぶってあげて下さい。

少しでも目を休めてあげることであなたの目は痛みから多少でも回復することができるでしょう。

大切な目ですのでいたわるようにしてあげて下さい。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ