目の充血の原因と治し方!治らない時や痛い時の対処方!

目の白目の部分が赤くなって充血していると気になりますね。

充血だけならまだ良いのですが、痛いと目を開けることもままならず更に困ります。

そんな目の充血は、痛い思いをする前に、早く正しい治し方で対処したいものです。

しかしなんとなく学んだ治し方を試しても、充血赤みや痛い症状がなかなか取れずに治らないこと、ありませんか?

そもそも目の充血や痛い原因は何なのでしょうか?

なぜ、何度も発症して様々な治し方を試しても、なかなか治らないのでしょうか?

実は、なかなか治らない、目の充血にも様々な原因があるようです。

ずは目の充血の原因を知り、原因に合わせた治し方を選択しましょう!

適切な治し方を実行しなければ、充血や痛い状況を繰り返しなかなか治らないはめになるでしょう。

今回は目の充血の原因と原因別の治し方についてご紹介します。

一緒に目の充血の原因や正しい治し方や原因を学びましょう!

【スポンサードリンク】

目の充血の原因・治し方の前に!充血と出血の違い

まず原因やなお押し方に入る前に、目の充血と出血は違うということを知っておきましょう。

充血も出血も同じように白目部分が赤くなる症状ですが、全く別物です。

単純な、「目の充血」は、何らかの原因で毛細血管が浮き出るため赤く見える症状です。

一方「目の出血」の方は結膜下出血といわれており、結膜の血管が切れて出血しているのです。

この場合、べっとりと赤くなるので、すぐに区別がつくでしょう。

結膜下出血の場合は皮膚の内出血と同じで、特に対策は必要なく様子を見るだけで良い場合も多いのですが、大きな病気に発展しても困りますし、早めに眼科にかかりましょう!

(なにより、白目部分に赤いシミが出来るわけなので、目立ちますし、、、)

目の充血の原因

「目にゴミや異物が入った」などの当たり前の物を除き、日常的に発生する目の充血の原因とその治し方をまとめました。

心当たりのある方は気をつけましょう!

◆長期的に続く場合のよくある原因◆

・昼間長時間、眩しい野外にいた

・長時間目を酷使した

・寝不足

・アレルギーや結膜炎

【スポンサードリンク】

原因別の目の充血の治し方

・昼間長時間、眩しい野外にいた

紫外線による炎症が起こり充血している可能性があります。

この場合炎症が原因になりますので、抗炎症剤が配合された目薬がオススメです。

目を守るために、サングラスなどを使用するようにするのも良いでしょう。

・長時間目を酷使した・寝不足の場合

直接目に栄養を与えるような目薬血管を収縮する成分が配合された目薬を使用すると良いでしょう。

パソコンや携帯ゲーム機、車の運転などは長時間動くものを注視しているので、目のピントを合わせるために緊張状態が続いているのです。

また充血しても続けると、近視になったり、瞬きが少なくなりドライアイになり痛い思いをすることになる可能性もあります。

1時間毎に10分程度、目を休ますようにしましょう。

・アレルギー・結膜炎の場合

これらに該当せず、目の充血が長期的に治らない場合、何かしらの病気の可能性もあります。

気になる方は早めに眼科に行きましょう。

詳細は、お医者さんが教えてくれると思いますが、アレルギーの場合はかゆみを抑えるような目薬を、また結膜炎の場合は抗菌目薬などを使用するように進められると思います。

最近ではいろいろな効能をうたった目薬も販売されていますので、原因がわかっている場合は、薬剤師に相談しながら購入することも出来るでしょう。

目はとても大事な器官です。

大事に付き合っていきましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ