目薬の使用期限!開封前と開封後の違い!処方後未開封の物はいつまで使用できるの?

眼科で処方してもらった目薬や薬局で購入した目薬を皆さんはどこに保管していますか?

引き出しの中や冷蔵庫に入れているという人が多いのではないでしょうか。

眼科で処方されて未開封のまま忘れていたり、使いかけのまま放置していて、気が付くと使用期限が切れていたという場合も結構ありますよね。

目薬はいつまで使えるのでしょうか?

目薬には使用期限が記載されていますが、それは開封前?それとも開封後の使用期限なのでしょうか?

今回は目薬の使用期限、処方後の未開封を含めた開封前と開封後の違いについてご紹介します。

【スポンサードリンク】

目薬の使用期限について

目薬の使用期限は、容器や外箱に記載されています。

使用期限は3年とされているものが多いです。

この記載されている使用期限は実は開封前のものです。

処方後未開封のものや購入後未開封で、直射日光に当たらないように保管してあれば使用期限内であれば使用できます。

つまり記載してある使用期限は開封後の使用期限ではないということになります。

一度でも開封した目薬の使用期限は、開封後1か月以内に使用することが望ましいとされています。

目薬を開封することで、空気に触れること、あるいは目薬の先端部分がどこかに触れてしまう場合があり、雑菌が入り込む可能性があるため、使用期限が短くなります。

1か月で使い切らなくてはならないというのは短いと感じますね。

目薬は12ml、15mlの容量の物が多いのですが、その量を1か月で使い切れるのかと思う人も多いのではないでしょうか。

眼科医の処方とおり、あるいは使用上の用法容量を守ると1か月で使い切れる容量になっているようです。

【スポンサードリンク】

もし、使用期限を過ぎた目薬を使ってしまったら?

目薬はもちろん常温保存で直射日光に当たらない場所に保管すればよいのですが、冷蔵庫に入れる人が結構いますね。

菌も繁殖しないのではないかという安心感から冷蔵庫で保管するとよく聞きます。

実際は冷蔵庫でも引き出しでも開封後の使用期限は変わらないのですが、開封後1か月以上経った目薬を使用するとどのような影響が考えられるのでしょうか?

目薬には防腐剤が入っているものも多いので、ふたをきっちりと閉めておけば2、3か月後でも何の問題もなく使用できたという人もいます。

中には目薬を差して強烈な痛みがした、雑菌が入り目が赤くなったなどの症状が出る場合もあるようですので、やはり使用期限に注意が必要ですね。

目薬には開封前の使用期限は記載がありますが、開封後の使用期限は記載がありません。

自分自身で開封日を目薬に記載し、管理をしておく方法をオススメします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ