目(上まぶたや下まぶた)の痙攣の原因は病気?治し方は?

下まぶたや上まぶたの痙攣の治し方が分からず困った経験はありませんか?

目の痙攣は疲労やストレスなどが原因としてあげられますが、治し方がわからないことが多く、病気や身体の異常ではないかと不安になる事もありますよね。

目の痙攣は意外に起こりやすいものです。

しかし一時的な痙攣であれば問題ありませんが、何度も繰り返したり、上まぶたや下まぶた、片側だけが継続しておこる場合は、原因に病気が隠れている可能性があります。

気にしない人も多い、目の痙攣ですが、継続して発生している場合は気をつけましょう!

ここでは、目の下まぶたや上まぶたに痙攣の起こる病気や、原因と治し方についてまとめてみました。

それでは目の痙攣の原因・治し方に入っていきます。

【スポンサードリンク】

目の痙攣が起こる病気とは?

まず、まぶたや目の周りが痙攣する病気の中で代表的な病気と症状をまとめてみました。

・眼瞼ミオキミア

聞き慣れない名前ですが、単純な疲労による、上まぶた・下まぶたの目の痙攣はこれに該当します。

疲労や睡眠不足、ストレスなどが原因で、ほとんどの場合は片方のまぶたの一部がピクピクと虫が這うような痙攣を感じる症状が起こります。

疲労回復に効果的なビタミンなどの摂取と、休養を心がけましょう!

通常であれば数日から数週間で自然と改善されます。

・片側顔面けいれん

顔の片側で痙攣が起こり、瞬きや表情を変えるときにも支障が起こる病気です。

緊張したとき起こることがあり、進行すると口や顔の片側全体に痙攣があります。

初期症状では目の周囲にピクピクと動く軽い痙攣を感じるため眼瞼ミオキミアと間違えらることも多いそうです。

顔面の動きを制御する神経が血管などと接触することで起こる病気で、腫瘍や血管瘤が原因に隠れている場合もあるそうです。

片側の顔の痙攣が定期的に起きる場合、眼科や神経内科などで検査を行いましょう!

・眼瞼けいれん

痙攣と言うよりは必要以上に眩しく感じたり、目の乾きを感じて、思うように目を開けていられなくなるなどの違和感を強く感じる病気です。

ドライアイの症状にも似ています。

しかし重症化すると運転や歩行中に目を開けているのが困難になったりと、生活に支障があるため注意が必要な病気です。

ストレスなどの精神的な要因が強く、神経質な人や几帳面な人に起こることが多い病気です。

しかし稀に片側顔面けいれんと同じ様に神経と接触する腫瘍などが原因の場合もあります。

こちらも定期的に発生し続けるようならば、病院での診察をおすすめします。

【スポンサードリンク】

まぶたの痙攣を治すには?

上まぶたや下まぶたに痙攣を感じる場合でも、一時的であればその原因は疲労やストレスだと言われています。

・細かい作業を長時間行う

・同じ姿勢で液晶モニターを長時間見続けている

・睡眠不足を感じている人

・メガネやコンタクトレンズの度数が合っていない

日頃このようなことを続けている人は、「睡眠や食事のバランスに気をつけて十分な休養を取る」「定期的な休憩を挟む」などの環境を改善することで目の痙攣を防ぐことが出来るでしょう。

それでも痙攣が続く場合は、病気の症状と比較して、当てはまる項目があれば早めに眼科や神経内科を受診するようにしましょう。

目はとても大事な器官です。

大事にしていきたいものですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ