目の出血の原因と早く治す方法!手術は必要なの?

血の色で眼球の一部が染まっていたら、それは目の充血ではなく出血です。

目の出血は突然白目の部分が真っ赤になるので、不安を感じたり驚く人も多いと思います。

治療には手術が必要なのか?早く治す方法はあるのか?

目が出血した時は色々と慌ててしまいますよね。

目の出血は結膜の下にある血管が傷付き出血したことが直接的な原因です。

見た目のインパクトから治療に時間が掛かったり大変なのでは?と考える人も居るかもしれません。

しかし正しく対処すれば意外と早く治す事ができて、大掛かりな治療や手術などは必要ない場合がほとんどなのです。

ここでは目の出血の原因や早く治す方法、病院での治療内容や手術が必要になる場合をご紹介します。

【スポンサードリンク】

目の出血の原因

目の出血は結膜下出血と呼ばれます。

結膜の下にある細かい血管が破れて、眼球の白目部分を覆う膜の下に血液が入り込んでしまう事で起こるのです。

転倒や運動中の接触で顔をぶつけた場合。

月経や飲酒と言ったちょっとした体調の変化。

ゴーグルによる圧迫やくしゃみや咳などの刺激。

そしてその他、記憶や自覚が無く原因がはっきりしないような些細な事でも出血する場合があります。

普段起きる機会が少ないことから、実際目が出血すると、びっくりしてしまいますが、実は意外に身近な怪我なのです。

直接眼球が外傷を受けている場合を除いて、他に異常が無く症状が軽ければ特別な治療は必要になりません。

血液は自然に吸収されて1週間から2週間程度で、普段通りの白目に戻ります。

出血が止まっている二日目以降からは、蒸しタオルなどで目とその周辺を温めると、早く治すことが出来ます。

ただし、眼球に直接外傷を受けた場合はすぐに治療が必要になります。

また、出血が止まっていても長く白目が元に戻らない場合は、血栓溶解剤の注射などの治療を受けることが出来ますので、病院に相談してみましょう。

【スポンサードリンク】

治療が必要になる場合

なかなか目の出血痕が引かない場合や、症状を繰り返したり他に異常を感じる場合は検査や治療が必要になることがあります。

少しでも怪しい場合、すぐに病院で診断しましょう。

痛みやかゆみを感じたり、涙や目やにが出るときは急性出血性結膜炎や流行性角膜炎など大きな病気の可能性があるのです。

特に感染性結膜炎であれば人に感染する恐れがあるので、十分に注意して早めに眼科を受診してください。

また目の出血をなんども繰り返す人は動脈硬化や高血圧、糖尿病、白血病などの血液の病気が原因の場合もあるそうです。

原因不明の出血を繰り返す場合は眼科だけでなく、内科での検査も受けるようにしましょう。

最後に、目の出血はインフルエンザなど高熱を伴う病気にかかった場合も起こるそうです。

そのときは目の出血と平行して、きちんと病気の治療も行うことが大切です。

まとめ

目が出血した場合、その出血にばかり目が行きがちですが、きちんと原因を考え、正しく対処しましょう!

必要とあれば、きちんと病院に行くことが大切です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ