運動効果で健康になろう!目安の時間はどれくらい?おすすめな時間帯とは?

春になって薄着をする機会も増えてきました。

冬の間にしっかりと蓄えておいた脂肪や体重が気になりませんか?

4月は新年度の始まりです。

新年度の目標は、「運動効果で健康に!」というのはいかがでしょうか。

効果的に運動を摂り入れて余分な脂肪や体重をつけないようにして、健康な身体を手に入れませんか?

運動は毎日続けるのが良いのはなんとなくわかりますが、いったいどれぐらいの時間を目安にしたら良いのかなと思う方もいらっしゃいますよね。

そんな方のために今回は、運動効果で健康を手に入れるための方法や運動時間の目安、運動におすすめの時間帯などをご紹介します。

【スポンサードリンク】

運動効果で健康に!

運動には無酸素運動と有酸素運動があると聞いたことがありませんか。

短時間で行う短距離走やウェイトトレーニングなどの激しい運動が無酸素運動、ウォーキングや水泳など比較的長時間続けることができる運動が有酸素運動の代表的なものです。

有酸素運動は酸素を使い脂肪の燃焼を助けるといわれているため、ダイエットや健康目的で運動を行うのであれば、有酸素運動がオススメですね。

有酸素運動としては

ジョギング

ウォーキング

水泳

縄跳び

ヨガ・ピラティス

自転車

などがあげられますが、もちろんすべてを行う必要はありません。

自分の生活スタイルに合ったものや体調を考えながら選んでください。

短期間で効果を得られるわけではなく、毎日運動を続けることで効果を得られ、健康な身体を手に入れることができますよ。

【スポンサードリンク】

運動時間の目安とおすすめの時間帯

運動効果は20分を目安に継続して運動することで得られると一般的に言われています。

目安の20分という時間は、運動の仕方や個人差によって多少の違いがありますが、有酸素運動開始時は血液中の糖質を分解してエネルギーに変え、20分するとようやく脂肪を燃焼してエネルギーとするからです。

せっかくジョギングをしても15分でやめてしまうと、脂肪は分解されず運動効果は得られないことになってしまいます。

20分以上続けることができ、自分の体力とも相談しながら運動種目を選んでみてはいかがでしょうか。

次に、運動時間帯についてですが、一番おすすめの時間帯は起床後から朝食をとるまでの間です。

起床時は空腹のことが多く体内に糖質があまりない状態ですので、20分かからずに脂肪燃焼が始まり、同じ運動時間でもより高い運動効果が期待できます。

いつもより30分ほど早めに起床し、是非有酸素運動をとり入れてみてはいかがでしょうか

20分間を目安にした運動効果で健康な身体を手に入れるだけでなく、運動することで脳も刺激され仕事や勉強にもよい影響をもたらせるといわれています。

おすすめの時間帯は、朝!起床後すぐ!です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ