腸炎の症状は腹痛や発熱?食事をチェックして予防しよう!

腹痛や時には発熱まで現れる、辛い腸炎の原因をチェックしたことはありますか?

腸炎とは腸の粘膜が炎症を起こし、下痢や腹痛、発熱などの症状が発生すること全般を指して腸炎と呼びます。

腸炎の原因は非感染症型と細菌感染の大きく二つに分かれます。

ここでは腸炎の症状と原因になる食事や行動と予防法をご紹介します。

食事や行動をチェックして、正しく予防しましょう!

【スポンサードリンク】

腸炎の原因は食事!二次感染の予防を徹底しよう

細菌感染は大腸菌やサルモネラ菌、ノロウイルスなどの食中毒が代表的です。

細菌やウイルスが原因の腸炎は、加熱が不十分だったり、保存状態が悪く菌が付着したり繁殖した食べ物を食べてしまうことで起こる経口感染だけではなく、感染した人の嘔吐物などから菌と接触した人が感染する二次感染があります。

細菌感染の腸炎を予防するには、食事前の手洗い・うがいを心がけることと、食べ物の保管場所や調理に気をつけて、十分な加熱調理を行うようにしてください。

家族が感染してしまった場合、子供や高齢者に感染が拡大すると命に関わるような重症化することもありますので、二次感染にも注意が必要です。

二次感染の予防には、嘔吐物の処理には使い捨てのビニール手袋、マスクを使用し、タオルやドアノブなど直接触れた物は必ず洗濯や洗剤でふき取るようにして二次感染の予防を徹底するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

腸炎にならないために!食事は体調に合わせよう

非感染症型の腸炎は、食べ過ぎや飲みすぎ、食物アレルギー、薬剤の副作用などが主な原因としてあげられます。

食中毒のリスクを避けることはもちろんですが、暴飲暴食にならないよう、胃腸に負担の少ない食事を選んだり、便秘や腹痛など異常があれば無理に食事をすることを控えるのも予防法の一つです。

過度なストレスも胃腸の粘膜の働きを弱めて、非感染症型腸炎の原因になります。

また、強いアレルギー症状が出た場合は病院での処置が必要になりますので、自分の体調や症状を良く観察して、早めに病院を受診するようにしましょう。

腸炎になってしまった場合は、十分な水分補給と消化に良い食べ物を選びましょう。

細菌感染の場合、ウイルスや菌が体内に残っていることがありますので、回復したからと言ってすぐに普通の食事に戻さず、野菜などの食物繊維やスパイス、脂の多い食べ物、コーヒーなどの刺激物は控えましょう。

うがい・手洗いと腸内環境の健康を保つよう心がけて、腸炎の原因になる食事や行動を避けて、予防に役立ててください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ