英語のメール返信の書き出しは?お礼や催促に役立つ例を紹介!

英語でメールのやり取りをしていて返信の書き出しやお礼、催促で添えたい一言に困ったことはありませんか?

英語での会話ができる人でもメールでのやり取りに不慣れだと、お礼や催促など、具体的に伝えたい気持ちの表現に困ることがあります。

返信メールの書き出しのお礼や、返信を催促をしたい場合などは、英語の例文や定型文を参考にすると伝わりやすくスムーズなやり取りができるので、おすすめです。

ここでは英語のメール返信で役立つ書き出しや催促などの例文をまとめてみました。

【スポンサードリンク】

返信の書き出しはこれ!お礼の気持ちを添えよう!

英語でメールをもらったら、お礼の気持ちを返信に一言添えたいですよね。

「メールをありがとう」という書き出しに使える例文を、いくつかご紹介します。

・Thank you for e-mailing

・Thank you for your inquiry

完結に「メール、ありがとうございます」と表現する場合「e-mailing」、より丁寧な表現で「お問い合わせありがとうございます」としたい場合は「inquiry」を使いましょう。

・Thank you for your e-mail in your busy days.

・Thank you for contacting me on this matter.

更に一言「in your busy days」を加えて「お忙しいところメールしていただき~」と表現したり、「この度はご連絡頂き~」という表現も便利です。

簡潔なやり取りが好まれる印象の英語の表現ですが、メールに定型文で一言気持ちを添えるというのは日本語のメールと変わりがありません。

【スポンサードリンク】

返信を催促したい!そんなときはこんな例文!

メールを送ったのに返信が無い場合や、返信を急いで欲しいときに使える例文や、催促のポイントを知っておくと便利です。

催促をするときに使いやすい例文をいくつかご紹介します。

・Your immediate response is highly appreciated.

・I would appreciate if you could response to my below e-mail. Thank you.

「immediate」を使い「早急に返信がいただけるとありがたい」と完結に伝えたり、返信が欲しいメールの内容を強調する場合はメールを転送し、「below e-mail」で「下記私のメールに返事を~」と促すと伝わりやすくなります。

・I would appreciate it if you could give us your answer by ~

「~までにお返事をいただければありがたいです」という、期日を明確に指定する文章を添えるのも大切です。

催促のメールは、最初に送ったメールに挨拶と返信を催促する旨を添えて転送し、返信が無く困っていることを簡潔に伝えるのがポイントです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ