イヤホンの断線理由!断線を防ぐ対策や直し方は?

通学や通勤などに音楽は欠かせないという方も多いですよね。

そんな音楽に欠かせないアイテム、イヤホン。

大事なイヤホンが断線してしまい、いざ音楽を聴こうとしたら片方もしくは全く音楽が聴こえない!なんて経験がある方も多いはず。

私も音楽を聴きながらであれば苦でなくなる通勤時間が、突然のイヤホンの断線によって異常に長~い通勤時間になってしまった経験があります。

皆さんはイヤホンが断線する理由をご存知でしょうか?

私は断線理由など知らなかったのでこの様な事態になってしまいましたが、予め断線理由を知っておいてそれを回避すれば断線を防ぐ対策になりますよね。

私のように悲しい経験をしないためにも、今回はイヤホンの断線理由と断線を防ぐ対策をご紹介します!

いや、もう断線してしまったんだけど、直し方はないの?

そんな方もご安心ください。断線してしまったイヤホンの直し方もご紹介します。

新しいイヤホンを買う前に、是非この直し方を試してみてください!

【スポンサードリンク】

イヤホンの断線理由と対策

イヤホンを音楽プレーヤー本体に巻き付ける

イヤホンを本体に巻き付けて持ち運びをしている人は多いのではないでしょうか。でも、この「本体に巻き付ける」ことが断線理由になってしまうのです。

私の場合も原因はこれでしょう。

プラグの根元部分を曲げて巻き付けていたら、いつか断線します。

これを防ぐには、専用のイヤホンケースを購入することをおすすめします。

もしくは、プラグがストレートタイプのものではなくL字タイプのものにすれば本体に巻き付けても負荷がかかりません。

どちらも難しいという方は、プラグの根元部分は曲げずにコードを軽く結んで持ち運びましょう。

コードを引っ張ってい抜いている

コードを引っ張ってイヤホンを抜いたら当然断線の理由になります。コードではなくプラグを持って抜くようにしてください。

【スポンサードリンク】

断線したイヤホンの直し方

修理に必要な物はほとんど100円均一で揃うので、低コストで済みます。

◆用意するもの◆
・ハサミorニッパーなど切断する道具
・ライター
・ハンダゴテ
・ハンダ
・交換用プラグ

◆手順◆
1.壊れたプラグ部分を切断し、中のケーブルを切らないように気を付けて外側のシールドを剥きます。

2.ライターで銅線の先を軽くあぶり、絶縁コーディングを取ります。

3.新しいプラグの穴にケーブルを挿入し、音が流れるか確認します。

4カバーとなるパーツを先にケーブルに通しておきます。

4.ちゃんと音が流れたらハンダ付けをし、カバーを付けて完成です。

イヤホンは丁寧に扱って正しく持ち運び、断線を防ぐことが1番ですね。それでも断線してしまったら、是非こちらの直し方を参考にしてみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ