ピアスで耳が炎症?痛み・化膿・しこりなどの対処方!

耳元もおしゃれにしたい!とピアスホールを開ける人が増えています。

近年では、耳以外に空ける人や男性でもオシャレで開ける人も増えているようですね。

そんな人気のピアスですが、耳などにピアスホールを開けたことで痛みがでたり化膿したり、しこりのようなものができたというトラブルを聞いたことがある人も多いと思います。

この化膿や痛み、しこりの原因は何でしょうか?

答えは簡単で、化膿や痛み・しこりは耳などにピアスホールを開けたことによる、炎症が原因で発生しています。

しかしどうして炎症が起きてしまうのでしょうか?

どうすれば炎症の先に起こる、痛み・化膿・しこりを防ぐことが出来るのでしょうか?

今回は、耳にピアスホールを開けたことで炎症が起きる原因。

そして、その炎症から発展する、痛みや化膿、しこりを防ぐ方法を紹介します!

【スポンサードリンク】

耳などに痛みや化膿、しこりは炎症が原因!

先にも説明したように、耳などピアスの患部に起こる痛み・化膿・しこりが起こるのは、炎症がすべての原因です。

化膿

化膿は患部を清潔にしなかったため炎症を起こし、その結果発生してしまうものです。

しこり

しこりは肉芽とも呼ばれています。

ピアスを異物だと感じた身体が排除するために攻撃をしているのです。

体は病原体でないピアスを排除できないため、リンパが集まって隔離をしようとしているのです。

痛み

当たり前ですが、痛みはそれらの過程で発生してしまいます。

炎症の原因

耳などのピアスホールに炎症が起こる原因、そしてそれを引き金に痛み・化膿・しこりが起こる原因としていくつか原因が上げられます。

・毎日の消毒を怠った

ピアスホールの安定時期までは毎日消毒液で消毒をすることが必須です。

ついつい面倒だ、大丈夫と消毒をしない場合、当たり前ですが炎症します。

ピアスホールは、いわゆる傷と同じなのです。

完全に穴が乾くまでは消毒を続けましょう。

・ピアッシングの器具の消毒が不十分だった

病院等でピアスホールを開けるのではなく、自分で開ける方も多いようです。

新しくパッケージから開けて使うから清潔というわけではありません。

医療用器具だと認識して、消毒をしてから使用するようにしましょう。

・ピアスホールが安定していないのにファーストピアスを取り別のものにかえた

自分の好きなピアスに早く付け替えたいと思う人も多いはずです。

ピアスは身体にとっては異物であるため、ファーストピアスはなるべく身体に負担の少ない金属を選んであります。

ホールが安定するまでは、ファーストピアスは外さないようにしましょう。

・ピアスホールが安定しないのにプールなどに入った

プールなどの不衛生な場所では雑菌がピアスホールに付着する可能性が高いです。

安定するまでは、なるべくプールなどは避ける方が良いでしょう。

【スポンサードリンク】

痛みや化膿を取り除く方法

痛みや化膿については、毎日消毒を怠らないようにすることが重要です。

しかし、赤く化膿して膿が出るような場合は、ホットソークという方法を試してみてください。

◆ホットソーク◆

ピアスホールが開いている部分がつかるような容器を準備します。

そこに人肌に温めた水100ccに対し、0.9gの天然塩を入れて溶かします。

15分ほど患部を浸し、患部を清潔に洗います。

100ccに対し0.9gの割合の塩水は体液の濃度に近いため、細胞の働きを活性化を見込めます。

塩水が直接患部に作用して治癒するのではなく、細胞の働きを活発にして治癒力を高める効果が期待できます。

しこりを取り除く方法

ホットソークやクエン酸を水で薄めたものを患部にあてる方法、抗生物質配合の軟膏などで治すことが可能です。

しこりは小さいうちに適切に処置をすればなくなるケースも多いといわれています。

自己診断や判断が難しい場合は医療機関の受診をオススメします。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ