耳の違和感!音がこもるような圧迫感の緩和方法!

急に耳に音がこもるような感じがしたり、圧迫感を感じることがありませんか?

エレベーターを使った時や、お風呂に入った後に感じるあれです。

耳に違和感を感じるととても気になりますし、気分も良いものではありませんね。

耳に感じる違和感や音がこもるような圧迫感にはそれぞれ原因があります。

そして原因ごとに応じて緩和する方法もあるのです。

今回は耳の違和感や圧迫感の原因・緩和方法をご紹介しますので参考にしてみてください。

それでは耳の違和感や圧迫感の原因・緩和方法について見ていきましょう!

【スポンサードリンク】

耳の違和感や音がこもるような圧迫の原因

耳の調子が悪いと人間は身体の平行感覚を正常に保てなくなるそうです。

耳は人にとって、とても大切な器官のひとつなのです。

耳の違和感や音がこもるような圧迫感を感じる原因は、以下の様な物が主な原因だと考えられています。

・耳に水が入った

・耳垢が詰まっている

・中耳炎

・耳管開放症

・耳管狭窄症

・突発性難聴

・メニエール病

水が入った、気圧の問題、以外にも、ストレスや病気で自律神経が乱れ、耳の聞こえが悪くなったり、圧迫感を感じることもあるそうです。

明確な原因が不明な場合や、緩和方法を試しても長期間改善しない場合、一度病院で診察をうけることをおすすめします。

【スポンサードリンク】

耳の違和感や圧迫感の緩和方法

それぞれの原因に応じた対処法をご紹介します。

・耳に水が入った

プールやお風呂で水が入ることがあると思いますが、一般的には水が入った方の耳の方に身体を傾けトントンと飛ぶという方法が有名かつ有効でしょう。

それで取れない用であれば、水が入った方を下にして身体を寝かせる、あるいは綿棒を耳の中にそっといれて水を吸い取るなどの方法を取りましょう。

・耳垢が詰まっている

まれに鼓膜にピッタリと張り付くように耳の奥に耳垢がついてしまう場合があるそうです。

その場合は、周りを傷つけないように耳垢を取り除くようにしましょう。

ただし、耳の奥の方を傷つけては困りますので、耳鼻科を受診して取り除いてもらうと安心です。

・中耳炎

風邪をこじらせたときにおこりやすくなります。

耳の耳管の働きが鈍くなり、膿などがたまってしまいますので、耳鼻科を受診し膿を取り除く処置をしてもらう必要があります。

すぐに病院に行きましょう。

・耳管開放症

正常な状態で耳管は開いたり閉じたりするのですが、耳管開放症は耳管が開いた状態になってしまう症状です。

妊娠によるホルモンバランスの乱れや急激なダイエット、脱水症状、血行不良が原因で起こるとされています。

場合によっては手術するケースもありますが、自然治癒で治ることも多いようです。

妊娠の場合は出産後に自然に治る場合が多いそうですので安心しましょう。

その他の場合は、耳の周りをマッサージしたり水分を多くとるようにすると症状が改善する場合が多いといわれています。

・耳管狭窄症

風邪などで鼻粘膜が腫れ、耳と鼻をつなぐ耳管の働きもにぶくなり、こもったような状態になります。

風邪や鼻づまりが治ると合わせて良くなる場合が多いといわれています。

・突発性難聴

ウィルスや内耳の循環障害が原因とされていますので、薬事療法で症状を緩和する方法が一般的です。

片方の耳だけ聞こえない場合が多いため、平行感覚が乱れめまいを起こすことも多いといわれています。

症状が表れている間は安静にしつつ、一度病院に行くことをおすすめします。

・メニエール病

内耳のリンパ種で突然起こるめまいや耳鳴りなどが特徴です。

薬事療法で症状を緩和させる方法が一般的ですが、精神的肉体的疲労が原因ともいわれています。

ストレスを溜めないように心掛けることも大切です。

まとめ

原因が明確なものならば、それぞれ対処を行えば緩和することが可能でしょう。

しかし、耳は大事な期間です。

原因が不明な場合は、出来る限り病院に行き対処を行うのが安全でしょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ