耳の水の出し方!お風呂で入って取れない時の対策法!

気持ち良くお風呂に入っている時に耳に水が入ることありませんか?

シャワーをかけているときに耳に水が入ってしまい取れないこともありますよね。

またお風呂以外にも、プールなどで耳に水がはいって取れない時もあるでしょう。

とりあえず、水が入った耳の方を下向けてトントンとしてみてもなかなか取れないこともありますよね。

耳に水が入ると不快ですし、なんとか上手い出し方はないものでしょうか?

そこで今回は、お風呂で耳に水が入って取れない時の水の出し方について、ご紹介します。

取れなくて困っている、困った経験のある方、是非お試しください。

【スポンサードリンク】

耳に水が入った時の出し方

身体を傾けてトントンとする

一般的によくとる方法ではないでしょうか?

水が入った耳の方に身体を傾け、片足でトントンと飛びます。

何度か飛んでいるうちに水が出ることが多いようです。

耳を引っ張りながら身体を傾ける

水が入った方の耳を斜めや横に引っ張りながら、身体を横に倒してください。

口を開けて声を出しながらあごを大きく動かすようにして身体を傾ける

「あ~、う~、お~」などと口を大きく開けて、あごを動かしながら身体を横に倒します。

あごを動かすことで耳の中も動きますので、水が抜けやすくなります。

身体を横向けて寝る

身体を仰向けにした後に、ゆっくりと水が入った方に横向きになります。

もしくは頭だけをだけをゆっくりと横向けても良いようです。

綿棒やこよりを使う

綿棒やこよりをゆっくりと耳の中に入れて、水をしみこませるようにしても良いかもしれません。

ただ、奥の方に入っている場合は綿棒やこよりでは取り出しにくく、またあまり耳の奥まで綿棒やこよりを入れてしまうと、鼓膜などを傷つけてしまう恐れがあります。

十分に気を付けて綿棒やこよりを入れるようにしてください。

耳の周辺を温める

ホットタオルなどで水が入った耳の周辺を温めるようにしてください。

その際も身体は横向けておいた方が良いでしょう。

水が表面張力により耳に張り付いた形になっていますので、水を温めることによって表面張力の力を弱め、抜けやすくなります。

【スポンサードリンク】

耳に水が入ったままだとどうなるの?

通常であれば、半日もすれば自然と乾燥して水がなくなってしまいます。

気になる場合や何日経っても抜けない場合、またはしばらくして痛みが出るような場合は炎症が起こっている可能性もありますので、耳鼻科を受診することをオススメします。

炎症もない場合は、耳鼻科ではライトを当てて水を蒸発させる処置がとられることが多いようです。

また、耳に水がはいらないようにする方法もご紹介します!

耳掃除をあまりしないようにする

耳垢は水をはじいてくれます。

耳垢は取り除かなくても、自然と耳の外に出る仕組みになっていますので、あまり頻繁に耳掃除をしなくても良いともいわれているようです。

耳栓を使う

あまりにも気になるようであれば、耳栓を使用し防ぎましょう。

いろいろなタイプの耳栓が販売されていますので、試してみても良いですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ