犬の行動でストレスを診断!下痢・嘔吐の症状に注意しよう!

この記事を見ている方は、犬をペットとして飼われている人かと思います。

やはり大事に育てた愛犬はかわいいですよね。

しかし、普段から大事にされているとは思いますが、実は意外にストレスを感じている生活を送っているかもしれません。

なぜなら犬も人間と同じように些細な事や行動からストレスを感じることがあるからです。

犬のストレスというのは進展すると、下痢やおう吐などの症状に出ることがあります。

そんな愛犬は見たくありませんよね。

ここでは愛犬の行動からストレスを診断する方法をまとめました。

行動診断の結果、意外にストレスを受けているな。と思った方は下痢や嘔吐なんて症状が出る前に対策を行いましょう!

ストレスなどの症状や行動をよく観察して大好きな犬との生活を楽しんで下さい。

【スポンサードリンク】

ストレスが増えると行動に出る症状とは

まず診断しやすい分かりやすい症状ですが、犬にストレスが貯まると行動として「無駄吠え」が増えます。

「落ち着きがなくなる」というのもストレスがたまっている症状の1つです。

「家にあるものにやたらと噛みついたりする」これもストレスの症状の1つとされています。

◆診断しやすい行動として出る症状一覧◆
・「無駄吠え」が増える
・落ち着きがなくなる(同じ場所をぐるぐる廻る)
・やたらと物に噛みつく

ストレス解消方法!

運動不足

犬のストレスとして、一番よくある原因はやはり運動不足でしょう。

猫と違って犬は散歩に連れて行ってもらわないと運動をすることができません。

先程説明した症状が多くなってきたら、間違いなくそれはストレスがたまっていることが原因です。

飼い主の方も忙しいと思いますが、散歩には必ず毎日連れて行ってあげましょう。

また、たまの休日にはボール遊びなどしてあげても良いでしょう。

食事

食事は生きるために大事なものです。

人間だって、水や食事が満足に取れなかったら大きなストレスになってしましますよね。

環境

寒さ対策や暑さ対策はきちんと出来ていますか?

寒くて眠れなかったり、暑苦しかったりすることが続くと大きなストレスになります。

愛犬の環境にも気を使いましょう。

【スポンサードリンク】

ストレスが増えると下痢や嘔吐の症状も

ストレスが強くなってしまうと下痢や嘔吐をしてしまうことがあります。

人間でも強いストレスを感じたときにお腹が下ってしまうようなことがある人がいますが、それと同じです。

しかし犬は人間と違って表情がほとんどないのでストレスがたまっているのかどうかというのは、判断しにくいですよね。

なので常日頃から犬の状態を感じることがとても大事です。

下痢や嘔吐の症状というのは比較的ストレスが強い危険な状態です。

またそもそも別の病気の可能性もあるため早めに動物病院などに連れて行った方が良いでしょう。

犬の気持ちになってあげて上手に犬と付き合うようにしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ