食後の運動で糖尿病対策!運動時の注意点やコツについて!

糖尿病の方は血糖値を常に気にしていると思います。

血糖値を下げる方法の一つに運動が在るのは有名な話ですよね。

糖尿病になったときに効果のある運動の種類や注意点はいくつもありますが、その中でも特に「食後に運動したほうが効果的に血糖値が下がる」ということをご存知でしょうか。

今回は血糖値を下げる「食後の運動」に注目して見ましょう!

糖尿病になってしまったときは食後に運動をして、効果的に血糖値を下げるようにしましょう!

ただし食後の運動の注意点としては、決して無理をしないということです。

食後の運動の種類や注意点をよく理解することによって糖尿病の予防につなげましょう。

【スポンサードリンク】

食後の早い時間の運動が効果あり

糖尿病予防には血糖値を下げる必要があります。

そのために運動をするわけですが、食後に運動すると、より血糖値を下げる効果があると言われています。

ぜひ食後に運動を行うようにしましょう!

しかしどのような運動をしたら良いのか悩んでしまうところです。

実はそれほど激しい運動をする必要はありません。

具体的に言えばウォーキングでも問題ないのです。

少し意識をして早く歩くとよいでしょう。

早歩きまではいかなくても良いですが、少し早く歩くような感じだとより効果があがります。

食後に運動すると言っても食事をしてから2時間も3時間も経ってからでは血糖値を下げる効果はあまり期待できません。

効果があるのは食事をしてから1時間以内です。

食事をしてすぐに運動するというのも良くありませんので、食事をしてから30分から1時間の間に運動すると良いでしょう。

【スポンサードリンク】

食後に毎回運動すればさらに効果増!

朝昼晩と毎食後に運動すれば血糖値を下げる効果はさらにあがります。

なかなか忙しくて時間がないという方は朝だけとか1日1回でも全く問題はありません。

しかし、もし時間に少しでも余裕があるのであれば、毎食後に運動したほうが確かに効果は上がります。

この時の運動も激しいのではなくて大丈夫です。

ウォーキングのような簡単な運動で構いませんのでやってみてください。

ウォーキングの時間もそれほど長い時間やる必要はありません。

忙しい方でも可能な15分くらいという時間でも効果が出るというデータがあります!

このように簡単な運動でも十分に血糖値を下げることができますので、実際にやってみてください。

ただしこの血糖値を下げる運動は、習慣にしなければあまり意味はありません。

1週間に1回とかそのようなレベルでは血糖値を下げる効果は期待できません。

習慣づけるようにしましょう。

まとめ

糖尿病は怖い病気です。なってしまった人はもちろんですが、なっていない人も今後のために日々の生活習慣を見直しましょう。

この記事を期に生活習慣を改善しましょう!

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ