うつ病の原因は?職場・家族など周囲に出来る対策は?

現代病と呼ばれ、最近良くその名前を聞くようになった「うつ病」。

ストレスやいろいろな原因で、職場や家族など場所にとらわれず、うつ病にかかってしまう方が増えているとよく聞きます。

あなたの職場や家族にも、うつ病と戦っている人はいませんでしょうか。

うつ病になりそうな人や、現行でうつ病と戦っている人とは、どう接するのが正しいのか、少し迷ってしまうことはありませんか?

私も職場の知り合いがうつ病にかかり、職場に来れなくなってしまったり、家族がうつ病にかかり大変な思いをしたことがあります。

その時は、どう接するべきかとても困ってしまいました。

そんな時、うつ病の原因や対策を知ることで正しく接することが出来ると良いですよね。

そもそもうつ病の原因とは何なのでしょう。

何が原因で人はうつ病になるのでしょうか。

まずはうつ病の原因として考えられる事柄を知りましょう。

その上で、職場・妻・家族など周囲に出来る対策を実施して行きましょう。

【スポンサードリンク】

うつ病になる原因は大きく分けて3つある

うつ病の原因といえば、やはり「ストレス」です。

しかし、ストレスにも大きく分けると3種類のストレスがあると、ご存知でしたでしょうか?

精神的なストレス

原因の1つに精神的なストレスというのがあります。

精神的ストレスというのが1番わかりやすい原因ではないでしょうか。

簡単に言うと人間関係のことですね。

「あの人嫌だな」と思う気持ちが精神的ストレスになりますし、この嫌だなという気持ちが増えれば増えるほど精神的なストレスも比例して増えていき、いずれうつ病という病気になってしまうのです。

構造的なストレス

構造的なストレスというのもあります。

これは体のゆがみからくるストレスですが、例えば姿勢が悪かったり猫背だったりするかたというのはうつ病になりやすい傾向にあります。

姿勢を正すというのはやはり基本で、姿勢が悪いと神経が圧迫されたりして体全体にもあまりよくないですので注意して下さい。

3つ目は科学的なストレスというのがあります。

科学的なストレスというのは簡単に言うと食事です。

食事が偏っているときちんとした栄養が行き渡らずにうつ病が発生しやすくなることがあるそうです。

当たり前ですが、いろいろな食べ物をまんべんなく食べたほうが良いといいますよね。

健全な精神は、健全な肉体に宿るといいますが、まさにその通りです。

しっかり栄養をとり、健康な肉体でいることが、精神面でも重要な役割を果たします。

【スポンサードリンク】

職場の人や家族にできることとは

うつ病になった時に職場の人や家族に出来ることはたくさんあります。

先ほどに説明した、3つのストレスに関することもその1つです。

一緒に健康的な食事を食べ、相談相手になってあげるだけでも、うつ病を患っている人には大きな安らぎになるでしょう。

また相談相手になる時、重要なことは、批判や強制をしないということです。

うつ病の人は精神がとても疲れている状態にあります。

そんな時に批判や強制をされるとさらに悪化してしまうことがあるのでなるべく批判や強制はしてはいけません。

うつ病になった人の立場になって長い目で優しく接してあげるようにしましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ