パソコン掃除!キーボードや内部のほこりの取り方と頻度について!

パソコンを使用している方で、あまり掃除をしないという方は以外と多くありませんが?

掃除をする頻度は人それぞれでしょう。

毎日やる人もいますし週に1回という人もいると思います。

どちらが良いというのは掃除のやり方によっても変わりますが、パソコンの掃除を全くやらないのはよろしくありません。

パソコンを掃除しないとキーボードやパソコンの内部にほこりがたまり故障の原因になるからです。

特にパソコンの内部にあるファンのほこりは必ず取りましょう。

熱がこもり故障する可能性が高くなります。

放置すると確実にキーボードや内部にほこりがたまり、いつか必ず故障するというのは間違いないですよね。

パソコンを掃除する頻度というのもよく考えて掃除するようにしてみましょう。

【スポンサードリンク】

パソコンのキーボードのほこりはどうする?

まず考えたいのがパソコンの入力装置であるキーボードのほこりをどのように、どの頻度で掃除するかということです。

キーボードはほこりがかかりやすい状態にあるので、できれば使用していないときはキーボードカバーなどでカバーをすることをオススメします!

使わない時にカバーをしておけばホコリがかかるのを予防することができ、掃除の頻度を減らすことができます。

ほこりがたまる前にこまめにほこりを取るのがポイントですね!

次に、少し溜まってしまったほこりを取る時ですが、キーボードのほこりを取るのには小さなハタキが良いでしょう。

ハタキで簡単にサッサッと掃いてしまえばそれほど面倒な頻度もいらず掃除をすることができます。

静電気を起こしづらいパソコン用の叩きが売っていますのでオススメです。

このように簡単な掃除を適度な頻度で行うのが、長く続けるポイントとなります。

ほこりが溜まり、大掃除となると面倒くさくなってしまいますので、その前に定期的な頻度で日々ほこりを取っていきましょう!

【スポンサードリンク】

パソコン内部の掃除も忘れずに

パソコンの内部の掃除もたまにはやった方が良いでしょう。

パソコンの内部といっても掃除をする場所はある程度決まっています。

一番やって欲しい場所としてはファンの吸入口ですね。

ファンというのはパソコンを熱から守るためのものですが、基本的に常に回っている状態が続いているので、ほこりがとてもたまりやすいところです。

このファンの吸入口は掃除の頻度が低いとかなりほこりがたまってしまっている事があります。

ほこりがたまるとエアコンのフィルターがホコリだらけになって作動効率が悪くなるのと同じように、吸入口にホコリがびっしりついていると正常な動作が難しくなります。

故障というのはそのようなことから起きるものですから要注意。

パソコンの内部をわざわざ開けなくても、吸入口についているほこりを拭き取るだけでもかなり予防することができますので、まずはファンの吸入口のほこりを取る事から始めましょう。

また、その際にはPCショップで売っている缶タイプのエアダスターを買っておくと捗ります。(1000円以下で購入できます)

ほこりを風圧で簡単に除去してくれるでしょう。

まとめ

いかがでしたでしょうか?

パソコンは精密機械です。

細かいホコリや熱は天敵ですので、ぜひこれを機会にパソコンの大掃除はいかがでしょうか?

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ