コーヒー豆の正しい保存方法は?容器は瓶がいい?冷凍保存がいい?

コーヒー豆は鮮度がよいほうが、おいしいカフェをいただくことが出来ます。

正しい保存方法を取っていれば、コーヒー豆は焙煎後にも1年間は保管はしておくことが出来るそうです。

しかし味については、真空パックをしていたとしても、少しずつ落ちてしまうことは避けられないようです。

本来のうまみを味わいたい場合、出来る限り正しい保存方法をとり味の長持ちを図りましょう。

しかし、冷凍保存すればよいのか?容器は瓶がいいのか?など知らないことも多々あると思います。

ここでは、よりコーヒー豆の味を落とさず保存させるための知識をまとめました。

十分に保存方法を理解しておけば、新鮮なままコーヒーを飲むことが可能です。

【スポンサードリンク】

保存前に期限をちゃんと確認しよう

容器に入れ、袋を捨ててしまう前に、賞味期限などを確認しましょう。

期限がわからなくなってしまっては、飲んで大丈夫なものなのかすらも、判断できなくなります。

特にブラジル産やコロンビア産のコーヒー豆は輸入されるまでに輸送にも時間がかかっていますので購入時にはしっかり期限を確認しておくことが大切なのです。

保存時の温度は?冷蔵庫がいいの?

保管している温度が高くなるほど、鮮度がかなり落ちてしまうことがあります。

10℃上がると賞味期間が約1/2になってしまうこともあるようです。

そのためできるだけ冷蔵庫など低温での保存がおすすめです。

基本的な保存について

コーヒー豆店で購入したものはしっかりパッキングされていて、袋で包装してあります。

ですが一度あけると鮮度が逃げ初めてしまいます。

出来れば真空パックで、またその上からパッキングできるような袋をもう一つ用意しておくと保存したときにしっかり鮮度を保つことが出来るようになります。

密封できる瓶などあれば使いやすいですし、なお良いでしょう。

【スポンサードリンク】

開封後はどれくらいの期限で使い切るのがベストでしょう

コーヒー豆の鮮度を新品同様に保てるのは約1ヵ月ほどです。

粉製品なら2週間くらいを目安に考えましょう。

コーヒーは酸化に弱いため容器を移して保管するときには、冷暗所で保管するなど日陰において保存するのが基本です。

開封前、開封後のコーヒーの保存方法まとめ

開封前の商品ですら、高温な場所では成分が蒸発してしまいます。

そのため日陰で保存しましょう。

開封後は中身を瓶やキャニスターなどの密封容器に移しておくようにしましょう。

保存場所は冷蔵庫など、10℃以下の場所で保存することをおすすめします。

ただし冷凍庫で凍らせてしまうと、出し入れの際水滴がつき、品質の劣化を招いてしまいますのでご注意ください。

おいしくコーヒーを飲むためには保管状態から徹底しましょう。

コーヒーは保管状態がとても大切です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ