爪に白黒茶色の縦線が?メラノーマの可能性に気をつけよう!

爪に白色や黒色、また茶色の縦線が入っていませんか?

一度良く観察してみてください。

爪に白黒、また茶色の縦線がある場合、それはメラノーマが原因かもしれません。

このような爪の縦線は普段なかなか気付きにくく、ふと気が付いた時は既にできていることが多いのです。

そんな黒,白,茶色などの爪の縦線は、メラノーマが原因かも知れません。

メラノーマが原因の場合、至急の治療を要します。

ここでは、爪に白黒茶色の縦線が出来たときのメラノーマの見分け方などをまとめました!

メラノーマの可能性がある場合は手遅れになる前に病院に行きましょう!

【スポンサードリンク】

爪を観察してください

時間がある時にでも、自分の爪に縦線が無いかゆっくりと観察してみてください。

爪に白や黒、また茶色の縦線が入っている時は注意する必要があります。

その爪の縦線は、メラノーマが原因の可能性があります。

しかしそもそも、メラノーマとは何なのでしょうか?

これは悪性黒色腫と呼ばれることもあり、皮膚がんの一種です。

メラニン色素を作る細胞、またほくろの細胞ががん化することで発症します。

足の裏、手の平、顔、胸、腹、背中、そして爪に現れることもあります。

このように体の様々な部分にできますので、注意しておいてください。

爪には爪を作る爪母と呼ばれる部位があり、その爪母の部分、またその周辺部分に何かしら異常が起きると爪に色素がたまり、徐々に色が付いた線となって現れます。

自分の爪に線がないか注意しましょう。

【スポンサードリンク】

原因とメラノーマの見分け方

爪に色が付いた縦線が出る場合、様々な原因が考えられます。

細菌感染や薬の副作用、加齢による生理的な色素沈着、ライフスタイルの乱れ、職場や家庭でのストレスなど様々なものがあります。

しかし爪に入る線は病気ではなく、多くは良性の色素沈着であるといわれています。

もし悪性のメラノーマであれば線が真っ黒に変色して、徐々にその線が太くなっていきます。

ですので、自分の爪の線が太くなければ悪性の心配はいりません。

線が多い場合、毎日観察してみると良いでしょう。

どの程度の頻度で増えているのか、手帳などに付けておくと後で参考になります。

また、病院で診察する時にも参考になるはずです。

とりあえず線を消すには

仮に害が無いとしても、爪に色の付いた縦線があると気になりますよね。

色が付いた線がある場合、それは爪母の異常によるものです。

色素沈着が原因ですので、線を消したいのであれば、その部分を隠す方法以外に効果的な方法はありません。

ネイルややマニキュアなどを利用すると良いでしょう。

爪に色の付いた縦の線がある場合、気になる方も多いことでしょう。

しかし、その多くは良性ですので特に心配する必要はありません。

線を消すにはネイルやマニキュアなどを使う方法がありますが、あまり使いすぎると爪が劣化し、逆に色素が沈着することもありますので注意してください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ