塩素ガスの危険性や対処法!発生時の人体への影響は?

塩素ガスは生活上で様々なところで発生します。

人間が長く吸い込むと体にも塩素ガス中毒という症状を起こす危険性があります。

特に「混ぜたりすると危険です」表記のある漂泊剤と洗剤には気をつけましょう。

混ぜるとガスが自然に発生してしまい、人体に吸い込むと呼吸困難などの影響を及ぼす危険性がありますので十分に注意が必要です。

【スポンサードリンク】

塩素ガスが発生した時の対処法

酸性の製品とMIXしてしまうと大変「あっ」という間に人体に有害である塩素ガスが大量が発生してしまいますので注意してください。

特に危険なのは個室でのガスの発生や密室でのガスの発生は避けたいところです。

換気の悪い浴室やトイレなどでは、緊急で退避するなどしっかり中毒の危険を避けるようにしましょう。

対策はしっかり危険を回避するためにできることから行っていきましょう。

1まず密室での対処方法ですがガスを吸わないように退避する事。
2目に塩素ガスが入らないように、気をつける目に入る前に退避。
3部屋の窓を開けたりドアを開けて空気を入れ替える。 
4十分にうがいを行いしっかりと口の中も洗浄をす、塩を振っておくことも有効です。

特に皮膚や手についた時にも注意が必要になります。

濃度が低いケースでも触ると痛みや刺激があります。

基本的に塩素は細菌作用効果が高いのでお掃除などに使われることが多い成分です。

もし人体に悪影響がある時には、予防策を行いしっかり事前に対応しておくことが大切です。

【スポンサードリンク】

「混ぜるな危険」の危険性!水を混ぜるのも注意!

危険物質はある時急に発生してしまいます。

あまりに急激に発生する可能性もありますので、家庭でも様々な面で気をつける必要があります。

最も身近なところで言えば、家庭用の洗剤を混ぜてしまった時です。

混ぜるな危険と書いてあるものには決して水なども混ぜないように気を配っておきましょう。

塩素ガスが発生する可能性も十分にあります。それだけ発生しやすい物質なのです。

無視して好き放題混ぜると重大な事故などの危険性も高まります。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ