あごニキビの原因・治し方!ビタミン摂取は本当に効果的なの?

一度でき始めてしまうと、なかなか治りにくいニキビ。

とても厄介な存在であるだけに、お悩みの方も多いのではないでしょうか。

ニキビは人によって、できる場所も原因もさまざま。

治し方も、大がかりなものから自分で手軽に取り入れられる方法まで色々あると思いますが、今回は特に「あごのニキビの原因と治し方」

そして、ニキビに有効とされている「ビタミン」は本当に効果的なのか。

こちらにスポットを当てて、お話をしていきたいと思います。

そもそも、一体なぜあごにニキビができてしまうのでしょう。

ビタミンが足りないからなのでしょうか?

まずは原因を知る、それがあごニキビの悩み解決の糸口になるはずです!

【スポンサードリンク】

あごのニキビの原因は・・・

○皮脂分泌が活発
○洗顔時に、すすぎ残しができやすい
○髪の毛先が触れたり、衣服による擦れで常に刺激を受けやすい
○手でさわるクセがあると、雑菌が付着しやすい
○ストレスによるもの

特に女性の場合、過度のストレスがたまると男性ホルモンが増え、皮脂分泌が過剰になりがち。

スキンケアなどの肌に対する外部刺激だけでなく、精神的なものもニキビを誘発する原因になるんですね。

ニキビの種類

ニキビは大きく分けて、3種類あります。

○黒ニキビ・・・毛穴に詰まった皮脂が酸化して黒くなり、ブツブツしている状態
○白ニキビ・・・白くブツブツしたものができ、それが透けて見える状態
○赤ニキビ・・・排出されずに溜まった皮脂が腐敗し、炎症を起こしている状態

いずれにしても、美肌の敵であるニキビ。

できてしまう前に予防するのが一番ですが、万が一できてしまったら早めに正しいケアをしましょう。

あごのニキビの治し方

では、一体どのようにすれば、ニキビを治すことができるのでしょうか。

コスメ?それとも、美容外科?

しかし、それらの方法は少なからずリスクが伴うもの。

治そうと思って、逆に悪化してしまうこともあるかもしれません。

なので、一番のおすすめは手軽に続けられて、健康維持にも役立つ食事から。

これならリスクもなく、簡単に続けられますよ。

【スポンサードリンク】

ニキビに効果的なビタミンとは

ビタミンC・・・・皮脂分泌を抑える働き
ビタミンB群・・・ストレスに対抗、神経細胞を活性化させる働き

ビタミンCといえば、真っ先に思い浮かぶのがレモン。

ですが、毎日レモンばかり食べていては、胃が荒れてしまいます。

ビタミンCを多く含む食品は、他にもブロッコリーやピーマンなどの緑黄色野菜、イチゴやキウイなどの果物。

そして、ビタミンB群を多く含む食品は、豚肉、ホウレン草、レバーなどが挙げられます。

健康にも欠かせない成分。美肌の維持には健康が要ということが分かるでしょう。

まとめ

みなさん、いかがでしたか。

同じ「ビタミン」の仲間でも、CとB群では効果が違うんですね。

近頃は、コンビニなどでも簡単に手に入るビタミン系のサプリ。

できることなら食事からしっかり摂ることが理想ですが、こちらもバランスよく取り入れて、キレイな肌を取り戻してください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ