子供の風邪を早く治す!咳や熱があるときに気をつけたい食事は?

子供が風邪で咳や熱が出て苦しそうにしているのを見ると、親は本当に辛くなります。

何とかして早く風邪を治してあげたい、元気にしてあげたいと思いますね。

子供の風邪を早く治す方法として親が気をつけてあげられることいろいろあります。

その中のひとつ、子供の風邪を早く治すための食事について今回は注目したいと思います。

熱が出たり咳が出ている時に気をつけてあげたい食事をご紹介します。

【スポンサードリンク】

まずは子供の風邪の時にしたらダメなこと

風邪の時の食事を紹介する前に、子供の風邪を楽にしてあげようとする対策の中で、間違っているものをみておきましょう。

例えば、熱が出て体温が高くなっているときに、体温を下げようとして身体を冷やしていませんか?

体温が上がるのは、体内に入った風邪をウィルスと子供の免疫力が戦っているからです。

体温を上げて免疫力をあげているので、無理に下げないようにしましょう。

風邪のときは、熱いお風呂に入って汗をかいて早く治すというようなことも言われますね。

身体が弱っている時に、無理矢理汗をかく行為は体力を消耗してしまうため風邪の治りが遅くなると指摘されています。

また、体力をあげるために風邪の菌と戦うためにと無理に食べさせていませんか?

栄養のあるものをしっかりと食べようなどと聞くことも多く、実践してしまいがちです。

実は食欲がないのは、胃腸を休めて老廃物を体外に出そうとしているからです。

無理に食べさせると胃腸に負担がかかり、免疫力が低下して逆に治るのが遅くなる可能性があります。

特に栄養のあるものは消化するにもエネルギーがとられるため、ウィルスと戦う力をとられてしまい、逆効果となってしまいます。

【スポンサードリンク】

子供の風邪を早く治すオススメの食事

まずは、身体を温めるものや消化が良いものがオススメです。

熱がある、咳が出て喉が痛いという場合、アイスクリームなどを子供は欲しがりませんか?

口の中も冷たく、のど越しも良いのでついつい与えてしまいがちですね。

アイスクリームは身体を冷やし、その上アイスクリームの糖分が体内のミネラルを奪いますのでオススメできません。

熱が出ている時こそ、身体を温め、胃腸に負担がかからない消化の良い食べ物を食べさせる必要があります。

例えば、野菜スープや煮込みうどんなどがオススメです。

また、咳が出ており喉も痛い時には、しょうが湯やはちみつ湯がオススメです。

紅茶に入れて飲ませてもいいですね。

風邪のときは、夏でも温かい食べ物や飲み物を取り、睡眠を十分にとるようにしましょう。

熱が出ると脱水症状も起こしやすくなりますので、こまめな水分補給も大切です。

普段よりバランスのとれた食事を心がけ、免疫力をつけるようにして風邪を引きにくい身体づくりをしてあげてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ