猫の病気!食事アレルギーや呼吸に出る症状!

最近のデータではペットを飼う人のうち犬を飼う人よりも、猫を飼う人の割合の方が多いというデータがあります。

確かにネコは散歩に連れて行くこともせずに勝手に1人で遊んでくれているというイメージがあります。

その分お世話が楽なのではないかと思ってしまうことも多いのではないでしょうか。

犬や猫などのペットにも人間と同じように食事によるアレルギーや、その他の病気にかかることがあります。

猫の病気や症状はいくつかあります。

食事からくるアレルギーなどの症状や、呼吸が荒くなってしまうような症状の病気などがあります。

特に猫の呼吸が荒いような時は要注意です。

そんな時はすぐに猫をみてくれる動物病院などの専門家のところへ行ったほうが良いです。

【スポンサードリンク】

猫の食事によるアレルギーとは

ネコの食事によるアレルギー反応は、猫が食べた食物の中のある特定の食材に含まれている原因物質アレルゲンが悪さをすることにより発生します。

主な症状としては、飼い主にもわかりやすいのがかゆみです。

頻繁に体をかくようになるので、比較的飼い主の方にもわかりやすい症状です。

他にも下痢や嘔吐の症状が出ることもあります。

下痢や嘔吐もわかりやすい症状の1つなので、すぐに対処することができます。

みてわかるような症状の時は良いのですが、それ以外のあまり表に出てこないような症状の時は発見するのが遅れる可能性もあります。

そのようなことを防ぐために常日頃から猫とのふれあいを大切にすることが必要です。

【スポンサードリンク】

猫の呼吸が荒くなってしまう原因とは

猫の呼吸が荒くなってしまう原因はいくつかあります。

突然咳をするようになったり、痰が絡んだような呼吸をするようになったときは要注意です。

そんな時はアレルギーが原因だったというケースが多いです。

アレルギーの原因物質であるアレルゲンが気管支を収縮して咳や呼吸困難など引き起こしてしまいます。

アレルギーの原因となるアレルゲンは食べ物だけではなく、空中のホコリや花粉でもアレルギーになってしまうことがあります。

あまりに呼吸が荒いようであれば、やはりすぐに動物病院などの専門家に診てもらうことが一番良い対処法です。

どうしようか悩んでいる間にも、あなたの猫は苦しんでいます。

悩んでいる暇はありません。

すぐに専門家のところへ行ってください。

特に呼吸器系は命に関わることもありますので、早い対応が求められます。

このようにペットとして猫を買うときは、ただかわいいから飼うという事ではなく、しっかりとどのような病気があるのか、その病気の症状はどのようなものがあるのか、ということを事前に確認しておくことがとても重要になります。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ