猫アレルギー、目や咳に出る症状!飼いたいけど治る?

猫を飼いたいけれどアレルギーが怖いので飼いたいのを諦めてしまうという方も少なくないと思います。

猫のアレルギーは目のかゆみや咳などの症状が出ることがあります。

目のかゆみや咳などの症状が出ても猫を飼いたいと考えている方は、猫アレルギーが治れば良いと思っている方がほとんどだと思いますが、なかなか猫アレルギーの症状が治るというような例はあまり聞きません。

猫アレルギーなどのアレルギーが治る例は比較的少ないケースといえます。

猫を飼いたいけれど咳や目のかゆみなどのアレルギーが出てしまうので飼いたいけれど難しいという方もたくさんいるというのが現状です。

しかし猫アレルギーが治ることがなくても猫アレルギーと上手につき合っていくことはできます。

【スポンサードリンク】

猫アレルギーの原因と症状とは

ネコアレルギーの原因は簡単に言うとネコの毛についているフケやノミに含まれているアレルゲンという成分が原因と言われています。

このアレルゲンが呼吸をした時に鼻や喉から入ってしまうことにより猫アレルギーが発生します。

または猫を触ってその触った手で目や皮膚を触った時にも猫アレルギーが発生してしまいます。

比較的に症状が軽いものでは目がかゆくなったり、目が充血したりします。

喉にかゆみなどの反応が出たりすることもあります。

アトピー性皮膚炎のように皮膚が赤くなることもあります。

症状が重い方はアナフィラキシーショックなどのように、緊急をようする場合もありますのでそのような時は素早い対応をするように心がけておきましょう。

【スポンサードリンク】

こまめにお手入れをすることで予防は可能

猫アレルギーがあるからといって猫を飼いたいという欲求をあきらめることはありません。

治るというのはかなり難しいですが、猫アレルギーを予防することはできます。

それはこまめにお手入れをするということです。

飼いたいネコをこまめにブラッシングなどをしてあげることが猫アレルギーを防ぐ1つの方法です。

もう1つはお部屋の掃除を定期的にすることで原因となるフケやノミを除去することができます。

さらにネコを触った後はなるべく手や顔をさわらないことで、アレルギーを防ぐこともできます

猫を触った後に良くキレイに手を洗うというのも猫アレルギを防ぐ手段の1つです。

このように普段からこまめにお手入れをしていれば完全にアレルギーを防ぐことは難しくても、かなりの猫アレルギーの予防にはなるでしょう。

そうすれば飼いたいと思っている猫と一緒に暮らすことが可能になります。

何事も継続がとても大切です。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ