車の運転のコツ!初心者に難しい駐車や右折の方法のコツを紹介!

皆さんは車の運転にどの程度自信がありますか?

駐車や交差点での右折の度に少しドキドキしてしまう・・・なんて方もいらっしゃるのではないでしょうか。

私も数年前までは初心者だったので、駐車や右折には大変なプレッシャーを感じていました。

毎日車の運転をしている方はいつの間にかコツをつかんでいるかもしれませんが、初心者など運転の機会があまりない方はコツをつかむ事が難しいですよね。

駐車や右折は、コツさえつかんでしまえば難しいことなんてないんです。

ここでは、初心者やペーパードライバーさん向けに、車の運転のコツを紹介します!

駐車や右折などの難しい操作のコツをまとめましたので、初心者の方、免許を取ったのは10年前だけど年に数回しか運転しないなんてペーパードライバーさんは、難しいバック駐車や交差点での右折の方法をおさらいしておきましょう。

【スポンサードリンク】

初心者でもできる駐車のコツ

運転の中でも駐車は初心者にとって、難しい運転操作の1つですよね。

バックする前に車と駐車スペースを平行にする=頭を振る

バックしながらハンドルを切るという、並行作業を行うから難しいのです。

作業を細分化するのが、駐車を簡単にするコツです!

①まずはハンドルを切る必要がないところまで頭を振る。

②その後、あとはギアを「D」から「R」にする。

上記のように、運転操作の作業を分けるだけで、難易度を下げることが可能です。

3つのミラーを順番に見る

①バックミラー→内輪側サイドミラー→外輪側サイドミラーの順番に見瑠葉にしましょう。

②まずはバックミラーを見て、人や車が来ないことを確認します。

③次に、内輪側サイドミラーを見て隣の車にぶつけない角度か確認しましょう。

④駐車スペースに対して垂直気味に進入する(=頭を振れなかった)際は、外輪側サイドミラーも同時に見ます。

⑤最後に、外輪側サイドミラーを見ながら、「車輪止めのど真ん中」にタイヤが来るよう狙ってハンドルを切りましょう。

ちゃんとした自分なりの流れを作っておくことで、確認忘れを防ぐことが出来るでしょう。

シンプルですが、効果的な方法です!

ダメだと思ったら根気よく切り返しましょう

そもそもベテランドライバーでも、一発入庫は中々難しいものです。

あせらず落ち着いて切り返しを行いましょう。

みんな何度も切り返すものだと、割り切れば緊張もほぐれるでしょう。

【スポンサードリンク】

交差点での右折のコツ

行くべきか行かざるべきか・・・初心者さんが特に迷ってしまう交差点の「右折」のコツはズバリこれです。

急がない、焦らない、周りや後ろの車を気にしない

右折が難しく感じる理由は、「曲がっている最中に車が飛び込んで来たらどうしよう」、「早く行かないと後続車に迷惑がかかってしまう」などと考えてあせってしまうからではないでしょうか。

一方通行で単に「右に曲がる」ことを難しいと考える方は少ないと思います。

何車線あろうと、右に曲がることは同じです。

後続車よりもまずは安全第一。

急がず焦らず一方通行と同じ感覚で右折するようにしましょう。

右折待ちをする時は車線に対して平行に

右折待ちの際、ハンドルを斜めに切り込み車体を斜めにしてしまうと後継者の邪魔になり危険です。

車体は車線に対し平行にして、直進状態を保ちましょう。

また、ハンドルも真っすぐに戻しておくことで、後続車に追突された場合に対向車線に押し出されてしまう事が防げます。

意外と簡単な心掛け次第で交差点の右折も克服できてしまうものだと思います。

焦った時は是非思い出してみてくださいね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ