ビールのプリン体と糖質を上手にカット!痛風など病気を予防しよう!

プリン体や糖質といえば、ビールを思い浮かべる人も少なくないようです。

摂取量を意識している人は多く、「プリン体、糖質カット、カロリーオフ」といった健康志向のビールや発泡酒は今ではコンビニやスーパーでも多くの種類が取り扱われています。

ビールだけでなくレバーなどの内臓類の食品や、珍味や乾物に多く含まれているプリン体は、過度に摂取すると痛風や高尿酸血症と診断され、病気の原因になります。

「プリン体や糖質を取るとどうして病気になるの?」「どれくらいの量を取ると痛風になるのか、カットに効果はあるの?」「通風の正しい予防法はあるの?」

そんな疑問を感じた方も多いのではないでしょうか?

ここではビールやアルコールを取るときのプリン体や糖質をカットするコツや、痛風などの病気を予防するためのヒントを、まとめてご紹介します!

【スポンサードリンク】

糖質オフ!プリン体カット!その効果は?

ビールや発泡酒でもプリン体や糖質カット、カロリーオフをアピールしている商品は増えています。

一方で、アルコール類の中でもビールがプリン体を多く含んでいるのは確かですが、最近では、レバーなど内臓類や干物といった食品に比べると、それほど多く含まれていないことを指摘する声も広まっています。

では、プリン体カットのビールには痛風や病気を予防する効果が無いのかと言うと、実はそうではありません。

アルコールが代謝されるときに痛風の原因になる尿酸が上昇して蓄積されますが、このときプリン体が多いと尿酸も多く作られてしまいます。

アルコールとプリン体を同時に摂取するのを避けることが大切ですが、ビールは一度に大量に飲むことも多く、コップ一杯のうちに含まれるプリン体の量は少なくても気付かないうちに大量のプリン体が吸収されていることがあります。

飲みすぎないことが一番大切ですが、プリン体カットのビールを選ぶことは痛風の予防として効果的です。

【スポンサードリンク】

ビールの飲み方を工夫しよう!痛風予防のポイントは?

糖質やプリン体カットのビールを選ぶほかにも、痛風などの病気を予防しながらお酒を楽しむポイントは様々です。

たとえば鶏モモ肉には100gあたり123mgのプリン体が含まれており、焼き鳥とアルコールと一緒に摂取した場合、尿酸の上昇量が多くなることが考えられます。

つまみになりやすい干物や肉料理などの動物性たんぱく質は、何度か記載している通り、ビールよりプリン体や糖質が多く含まれているため、ビールを健康志向の商品に変えたからと言って、これらの食べすぎや飲みすぎは危険です。

アルコール以外の水分補給を心がけたり、野菜や乳製品などをバランスよくつまみに取り入れて、病気の予防をしながらお酒を楽しむように心がけましょう。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ