お腹の脂肪を減らす方法!マッサージや食べ物で減らす方法!

なかなか減らないお腹周りの脂肪にお困りではありませんか?

お腹や腰周りの脂肪は一度付いてしまうと日常的に動かす事が少なく、一つの方法を実践しただけではなかなか減らすことが出来ない脂肪です。

ダイエットでなかなか落ちない脂肪は運動以外にも、直接マッサージを行ったり、食べ物を意識して脂肪が燃焼しやすい身体作りをしていく事が大切です。

お腹の脂肪を減らすには、マッサージ方法を取り入れたり食べ物を意識して代えることも一つの方法です。

ここでは、お腹周りの脂肪をスッキリ減らすためのマッサージ方法や食べ物の選び方のポイントをまとめてみました!

【スポンサードリンク】

お腹の脂肪にはマッサージ!

お腹の脂肪は一度付いてしまうと身体の内側を冷えや衝撃から守るために、表面の温度を下げる体になってしまいます。

そうなるとさらに脂肪がつきやすくなってしまいます。

脂肪が厚く付いてしまっている部分はマッサージで血行と代謝を促し、体を脂肪が減りやすい環境に作り変えることが大切です。

マッサージと言っても難しい事をするわけではなく方法は簡単です。

まず仰向けになって、右手の上に左手を重ねて脇腹辺りに置きます。

両手で程よい重みを掛けながら手のひらで脇腹からお腹の中心に向かって、脂肪を持ち上げるような感覚で揉みほぐします。

これを左右交互に、20回程度繰り返しましょう。

お風呂上りやリラックスタイムにボディクリームやオイルを使ったり、入浴中に石鹸を使って優しく暖めながら行うのが効果的です。

このとき、力を入れすぎると毛細血管や細胞が傷つき逆効果になってしまいますので、痛くない程度の力で繰り返し揉むようにしましょう。

【スポンサードリンク】

お腹周りをスッキリさせる食べ物とは?

お腹の脂肪を直接燃焼させるには残念ながら運動は欠かせませんが、それだけでは脂肪が減りにくいのも事実です。

マッサージに加えて、ダイエット中の食べ物は炭水化物を減らし、肉や魚、大豆などのたんぱく質と野菜を中心とした食事が理想的です。

炭水化物は麺やパンなど手軽に食べることが出来て、エネルギーに変換されるのが早い一方で、身体の中で消費しきれずに余ってしまうと脂肪として蓄えられてしまう性質があります。

食事に時間を掛けられない忙しい人は、とくに炭水化物が多い傾向にあるため注意が必要です。

たんぱく質は筋肉や身体の組織作りに欠かせない成分で、これが不足してしまうと運動をしても筋肉が育たず、酷くなれば代謝や血行を下げてしまいます。

野菜はお通じを良くするための食物繊維ばかりが注目されがちですが、野菜に含まれるビタミンB郡もとてもよい効果をもっています。

代謝を上げる効果があったり、βカロテンなどは免疫力を高めてダイエットで疲れた身体を守ってくれる効果があるのです。

サプリメントなどは必要最低限に抑えて、サラダや温野菜などで、なるべく自然のままの食材を食べる習慣付けをする事がオススメです。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ