浴室の天井を掃除する方法!カビ取りに最適な洗剤や道具は?

1日の疲れを癒やすお風呂!

しかし、浴室こそ小まめなお掃除をしなければ、みるみるうちにカビが繁殖して拡がり、お掃除が大変なことに…。
何処にでも生えやすいカビは天井にも拡がることは珍しくありません。

ところで、皆さんは浴室の天井のカビはどのような方法で洗剤、道具を使って掃除していますか?

カビの汚れをレベル別に分けて、最適な掃除方法と洗剤や道具のご紹介をいたします!

【スポンサードリンク】

レベル1〜もしかしてこれってカビ?疑問程度の汚れ〜

カビだかなんだかよく判らないけど、天井の掃除をした方が良い気がする程度の汚れには、防カビくん煙剤がオススメです。

使用環境は、換気扇を止め窓も締めて密室状態で使います。

床が濡れていても効果に影響はありません。

使用方法に沿って使うだけで、浴室全体を除菌し防カビ対策も出来るので「もしかしてカビ?」程度の汚れにはたいへん使いやすく楽に対策できます。

レベル2〜ちょっぴり気になる小さなカビ〜

軽いカビの時に掃除しておくのが一番です!!

小さなカビを放置すると、どんどん拡がります。

塩素系洗剤のカビキラーなどで落とせますが、手間がかかるので、どんなに小さなカビでも見つけ次第退治しておいたほうが楽ですよ!

お掃除方法も簡単です。

酢と重曹を使って簡単に落とせますよ。

・使用環境は乾いた浴室をオススメします。
・酢1、水2で酢スプレーを作ります。(もちろん、市販のお掃除用の酢でも大丈夫です)
・カビに酢を直接スプレーし、柄付きワイパーやモップ、ローラーハケに重曹粉をつけてこすります。

これだけで簡単に落とせますよ。

入浴・シャワーを使用した後に酢スプレーをカビやすい隅や天井に吹き散らしておくと防カビ対策にもなります。

また、ワイパー・モップ・ローラーハケなどの道具は柄が長いほうが使いやすいです。

柄が短い場合は脚立などが必要なので、やはり長いものを購入したほうが足場が安全です。

【スポンサードリンク】

レベル3〜カビが大繁殖中!〜

ここまでレベルが上がると、酢や重曹を使っても意味がありません。

確かに擦れば落ちるかと思いますが、残念ながらすぐにまた生えてくるでしょう…。

大量にカビている場合は、塩素系漂白剤(混ぜるな危険のカビキラーなど)を使って根こそぎ退治しなければなりません!

・使用環境は必ず乾いた浴室で、換気扇を入れるか窓を明けます。
濡れていると効果が薄れるだけではなく、薬品が天井からボタボタ垂れてくる可能性があります。
万一を考えて、脱色されても構わない服を着ましょう。
・天井に直接スプレーするのではなく、柄付きのワイパー・モップ・ローラーハケに塩素系漂白剤をスプレーをします。(レベル2でご説明したように、柄が長いものをオススメします。)
・力をあまり入れずに塗るような感じでカビに馴染ませます。
・その後、10分〜20分放置し柄付きのワイパーなどに古いタオルを巻いて塩素系漂白剤を軽く拭ってから、天井に向かってシャワーをして洗い流します。(目に入らぬよう充分にご注意ください!)
もし、シャワーが無い場合は、古いタオルを何回かすすぎながら塩素系漂白剤を拭き落とします。

使用後のちょっとした手間が大切!

普段、シャワーやお風呂を使った後に、必ず換気することと、使用後に冷水のシャワーで床などに散水するだけでもカビが繁殖しにくくなりますよ。

また、レベル2でオススメした酢をスプレーするだけでも、かなり違います。

カビはどうしても繁殖しがちですが、小さなカビのうちにしっかり退治しておくと大繁殖には繋がりにくくなるので、ぜひ試してみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ