お風呂の鏡を掃除!重層やクエン酸を使った掃除方法!

毎日の疲れを癒やしてくれるお風呂。

鏡を見てうんざりすること、ありませんか。

白くうろこ状になった汚れ、軽く洗っても乾くとまた出てくる嫌な汚れです。

お風呂の鏡掃除に重曹やクエン酸、酢などを使うとよいと聞きませんか?

重曹、クエン酸、酢の中で何が一番効果的なのかみていきましょう。

【スポンサードリンク】

お風呂の鏡の汚れは何がついているの?

お風呂の鏡の白いうろこ汚れの正体は水あかやせっけんカスがついてできた汚れなのです。

水にはカルシウムとマグネシウムが含まれています。

水分が蒸発した後にアルカリ性のカルシウムとマグネシウムだけが残って、白く見えているのです。

アルカリ性のものには酸性のものが効果があると聞いたことがありませんか?
クエン酸も酢も酸性ですよね。

効果が期待できそうですが、重曹も掃除に役立つと聞きますので、試してみたいと思います。

【スポンサードリンク】

お風呂の鏡を重曹・クエン酸・酢で掃除をしてみました

重曹・クエン酸・酢はそれぞれ鏡に吹き付けて上からサランサップを貼り付けて蒸発しないようにし、しばらく放置してから拭き取る方法で試してみました。

重曹の効果は?

キッチン周りで効果があるので期待していましたが、正直あまりきれいになりませんでした。

調べてみると重曹はアルカリ性でした。

白いうろこ状の汚れもアルカリ性ですので、効果がないのは納得できます。

クエン酸の効果は?

クエン酸で「酸」とついているだけのことはあり、効果がありました。

比較的新しい水あかはよく取れ、がんこな水あかも放置時間を長くすると効果があるようです。

酢の効果は?

酢も酸性のものですので、クエン酸と同様の効果が期待できます。

酢は、調味料の定番ですので、家にあるという方も多いのではないでしょうか。

クエン酸が家にないという場合でも、酢で代用できるので簡単で便利かもしれませんね。

キッチン周りの油汚れや粘つきを落とすのに、効果を発揮している重曹なので、掃除といえば重曹でしょうと思う方も多かったのではないでしょうか。

水あかには酸性のものを使ってくださいね。

また、クエン酸や酢で掃除する前に水あかがつかないようにする方法があります。

お風呂から上がる際に、鏡についたせっけんやシャンプーなどを水で洗い流します。

最後に乾いたタオルで鏡についた水滴を完全に拭き取ってください。

面倒だなと正直思う方もいらっしゃいますよね。

ただ、このひと手間で白いうろこ状の水あかがつきにくくなるのです。

是非、試してみてください。

お風呂に最後に入った人の当番制にしてみてはいかがでしょうか。

一番風呂が人気になりそうですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ