赤ちゃんの靴のサイズ、目安や測り方は?選び方のポイントは?

歩き始める頃の赤ちゃんの靴の選び方や測り方に困ったことはありませんか?

赤ちゃんは成長はとても早く、服や靴は準備しておいても「使うときになったらサイズが合わなかった・・・」なんてこともあるようです。

また、輸入品は生産国によってサイズ表記が違うため、お気に入りのデザインを見つけても目安が分からず、すぐに購入しづらいことがありますよね。

ここでは、赤ちゃんの月齢に合わせたサイズの目安や足の測り方、靴の選び方のポイントなどをまとめてみました。

【スポンサードリンク】

月齢・年齢別まとめ!赤ちゃんの靴の目安

赤ちゃんの足のサイズには個人差がありますが、まずは成長過程にあわせた目安のサイズと表示サイズを知っておくと便利です。

・新生児から3ヶ月まで 8~11cm(表示サイズ:50-60)

・3ヶ月から9ヶ月まで 9~12cm(表示サイズ:70)

・6ヶ月から1歳半まで 11~13cm(表示サイズ:80)

・1歳半から2歳まで 12~14cm(表示サイズ:90)

赤ちゃんが歩き始める頃の足のサイズは平均12cmと言われていて、出産祝いなどの贈り物としては12cmの靴が選ばれています。

一方で、足の骨が未発達で柔らかい赤ちゃんの足は繊細で、サイズの合わない靴を履かせてしまうと正しい歩き方が身につかなくなってしまうケースもあります。

平均サイズを知った上で、赤ちゃんの足を測るようにしましょう。

靴を決めるときの足の測り方は、専門店などでは足の長さと甲の高さ、幅を測ってもらえますが、自宅で測る場合は靴選びの目安として、かかとからつま先の人差し指までの長さを測ってお店に行きましょう。

メモリの付いた紙などに足を載せて測ると、簡単に測れます。

サイズの選び方は実寸サイズから1cm程度大きいものを選び、必ず試し履きをして幅や甲の高さが合っていて、つま先に余裕のあるもを選ぶのがポイントです。

【スポンサードリンク】

買い替え目安は?海外の靴の選び方は?

靴の買い替え目安は3歳までは3ヶ月に一回程度、それ以降も半年に一回測定と買い替えを検討するのがおすすめです。

最近ではネットショップや輸入品店も充実し、海外製の赤ちゃん用品を購入できる機会も多くなっています。

こちらで、ほんの一部ですが表記サイズの違いもご紹介します。

ヨーロッパの靴の表記

・12cm 表記サイズ:20

・13cm 表記サイズ:21

・13.5cm 表記サイズ:22

アメリカの靴の表記

・12cm 表記サイズ:5

・13cm 表記サイズ:6

・13.5cm 表記サイズ:7

ご紹介した以外にも変則的に0.5cm単位の靴は1/2と表記されるなど、メーカーや国によってルールが様々です。

購入する前に、必ずサイズを確かめるようにしてください。

赤ちゃんの靴はサイズアップが早く、買い替えをこまめに行うので大人の靴と比べるとちょっと大変ですが、ぐんぐんと成長している証拠です。

成長に合わせて、楽しみならが靴を選んであげたいですね。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ