バーベキューの火おこし!着火剤で簡単火おこし方法!

いざバーベキューを始めようとしたのに、なかなか火おこしが成功しない!

着火剤も道具も揃っているのに、簡単には火が付かない!

そんな経験をしたことはありませんか?

身近なアウトドアとしてバーベキューを楽しむ人が増えている一方で、火おこしで困った経験のある人は少なくないようです。

着火剤を十分に活用する方法や炭の置き方など、ちょっとしたコツや方法を知っていると、火おこしは驚くほど簡単にできるようになります。

ここでは、着火剤の種類や簡単にできるバーベキューの火おこしの方法をまとめてみました。

いざバーベキューで火おこしを行なう際、うまくいかないとカッコ悪いですよね。

簡単な火おこしの方法をここで学んでおきましょう!

【スポンサードリンク】

火おこしのための着火剤の種類と選び方

着火剤には大きく分けて、固形タイプとジェルタイプの二種類があります。

固形タイプは燃えやすいメタノールと灯油を染み込ませてあるシート状の物や燃料そのものを固形化した物があり、開封すると匂いがあったり乾燥に弱い場合があります。

ジェルタイプはチューブに入っていて、利用する分を焚き付けや炭などに直接塗ることができるという便利な面があります。

ただし、ジェルタイプは効果が高く火おこしを失敗しにくいため便利です。

しかし火がついているところへ直接追加すると手元の着火剤のチューブ本体に火が移り、火傷や事故の原因になるので注意が必要です。

子供が一緒にいる場合や、使い慣れない人、急いで火をおこす必要が無い場合は固形タイプがおすすめです。

どちらも燃えやすいため、正しい使い方や保管方法を徹底するようにしましょう。

【スポンサードリンク】

コツをつかめば簡単♪火おこしの方法

火おこしのコツは火を付ける前の炭の積み方と空気の流れにあります。

まず固形の着火剤か、着火剤を塗布した炭を一番下に置きます。

次に細かい炭や乾燥した枝などがあれば周囲に軽く寄せて、着火剤を中心にを人という字を書くように円錐状に炭を立てかけて組みましょう。

この時着火剤の上側の炭との間に隙間を開けて、空気の通り道を意識して組みます。

後は着火剤に火をつけて、始めのうちは少しずつ、炭に火が移りパチパチと音がするようになったらしっかりと、うちわなど空気を送るだけです。

着火剤と炭を密着させてしまうと、酸素が行き渡らず炭に火が移る前に消えてしまうため、炭を積む時は空気の通り道を作るのがコツです。

また、炭の表面が燃えはじめても炭を広げすぎると、完全に火が点るまで炭に触らず、少しずつ炭を重ねて足すようにしましょう。

始めは難しいバーベキューの火おこしですが、着火剤を利用してコツを抑えると、安定して火がおこせるようになるので、ぜひ挑戦してみてください。

【スポンサードリンク】
サブコンテンツ

このページの先頭へ